ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2011/05/31    女性。

ballet ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ballet (バックラッシュのレディースライン、バレーと呼びます)
ドイツカーフのダブルライダース。
裏地付きのライダースは今からだと、着る機会が少ないですが
気に入られたので、連れて帰ります。と購入されました。

何度か同じようなことをこれまでにも書いたと思いますが
裏地なしのレザーシャツだと真夏でも行けます。
見た目に暑く見えますが、着ている本人は意外に暑くないです。
(ごくごく個人的な僕の感想です)

例えば夏履くスニーカー、僕は蒸れます。
でも革靴(ブーツも)はスニーカーほど蒸れません。
これはレザーの持つ通気性のよさが効いてるのだと思います。
服でも同じような感じかと思います。

街ですれ違った女性がバックラッシュ着ていたら
それだけでちょっとドキドキしちゃいそうです。





2011/05/30  おしゃれ感。


お客さまが話してくれたことを箇条書きで。

街でおしゃれな人を見ると写真を撮りたいんですが、
変なおやじって思われると思うので撮りません。
だからコーディネートを覚えて帰ります。

聞いた話ですが、
リングをたくさん付ける人は
いったん全部付けた後、そこから1個ずつリングを外していって
このくらいでいいかな。と思うボリュームから
あと1個だけ外すと、ちょうどよい感じになるそうです。

おしゃれがんばり過ぎてる感じはしたくないんです。
でもダサイのは嫌で、
よく見たらおしゃれな服着てるなってくらいがいいんです。

白もすきなんですけど、
カレーうどんを気軽に食べれないので
自分は白を着ません。

男のおしゃれは目立ちすぎないで、
その場に馴染んでいるくらいがちょうどよいと思います。

箇条書きするとメモらしくなりました。

これを読んで、そうだなと思う人も、違うと思う人もいるはずです。
どちらが正しいとかではなく、何を思ってもそれが自分の個性に
スタイルになっていくのだと思います。
自分の見方の基準がある。というのは、すごいことだなと思います。





2011/05/29  グィディコードバン財布。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

337-09のグィディコードバン ラウンドファスナー財布8個届きました。
こちらご予約のお客さま分で完売しました。
まだこの財布は入荷致します。
次回入荷分から店頭でもご用意できるかと思いますが
確実に手に入れたい方はご連絡下さいませ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この財布の好きなところはコインポケットの裏面です。
これは革の裏側になりますが、ていねいに仕上げているので
裏側なのにつるつるです。
ジャケットの裏地に凝るのに少し似ていますが
表から見えないところこそ、気を使う。
よさがパッとわからないところがすきです。
(表革のよさはパッと見てわかります)





2011/05/28  お客さま。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

3種類の革を使ったレザーシャツ。
鹿革、羊革、カンガルー革。
以前同じ革のブルゾンを掲載したことがあります。
ショルダーバッグも以前掲載しました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

エイ革のベルトもバックラッシュです。
約8年くらい前のものです。

雨の日でも気にせずというよりは
少しくらい水に濡らした方がいいんじゃないか。
と、いうような感じで着ていました。





2011/05/27  お客さまからのメール。


僕にとってのバックラッシュを考えてみました。
僕もバイクに乗りませんし、音楽もせず、酒もタバコもあんまりです。
でも、バックラッシュを愛用しています。

ナルシストかも知れませんが、バックラッシュを身にまとう自分自身が好きです。

三十路が目前に迫ってきた妻子持ちのサラリーマン。
でかい口で未来を語ってきた10代から20代前半。
身の丈を思い知らされた20代後半。

こんなものなのかな?
そんな普通の自分に圧力をかけてくれるもの、それがバックラッシュです。

通勤電車、職場
あいつの革ジャンすげーな。
でも、あいつ格好だけやん。

今にみてろよ!
やってみせろ、僕!!!

そんな気持ちでバックラッシュです。

意味わかんないですよね?

すみません。

キャスケット楽しみにしています。

絶対似合わないと確信していますが。。。


お客さまは2011A/Wでグィディオイルカーフの
キャスケット(帽子)をご予約しております。
自分に似合う、気に入ったから予約したのではなく、
チャレンジしてみたい。と思う気持ちからご予約されました。
お子さまも2人目が生まれ、チャレンジなんかしたくもない時期です。
(買い物で失敗という出費をしたくないと思うのです。)
そこにチャレンジするスピリット、心持ちを見せてもらった気がします。





2011/05/26  バックラッシュと言えば。


バックラッシュと言えば「・・・」 というイメージがあると思います。

例えばワイルド、ライダース、レザー、お酒等など。

僕はと言えば背は低いし(158cm)
お酒は弱いし、(一杯で酔います)
全身黒一色ではないし、
アメカジでもないし、
バイクにも乗っていないし
ワイルドでもないし、
書いてみると僕はずいぶんバックラッシュのイメージとは違うように思います。

でもバックラッシュを着たり、履いたりしています。
バックラッシュを着ているときの自分が一番自分らしいと感じます。
僕が知らないだけかもしれませんが
他のブランドでは感じれない高揚感があります。

週に二日ほどバックラッシュを着ない日があります。
その方が新鮮な気持ちで着れるのと、よさがよりわかってくるからです。
自分の知ったよさ(見方)は伝え続けたいと思います。

イメージではありませんが、僕はバックラッシュと言えば
「普通はやらないだろう、ということをやってしまうところ」 です。





2011/05/24  ギター。


バックラッシュに関係なく、ギターのこと。

12年ほど前にフェンダーUSAの1969年製ヴィンテージのジャガーを買いました。
それまで使っていたギターは真っ黒のボディのテレキャスでした。
そのジャガーはパワーもなく、サスティンもありません。
だからアンプを通して音を鳴らしても、メリハリのある音は出ません。
ジャガーを買って3年後にフェンダーUSAの現行のストラトも買いました。
そのギターの方がパワーもあってジャガーより音がいいです。

パワーの話をすると、ストラトよりもギブソンのレスポールの方が
音も図太く、パワーがあります。

僕が12年前に欲しかった音はレッドホットチリペッパーズのギタリスト、
ジョン・フルシアンテの音でした。
それにはいくらパワーがあってもレスポールでは違うと思いました。

パワー競争のような限定した枠を作れば
そのパワー競技ではレスポールが一番になると思うし、
キレのあるエッジな音競技ならテレキャスターになると思います。

話をジャガーに戻します。
ジャガーのプライスはストラトよりも2倍ほど高かったです。
ストラトよりも2倍プライスが高いからといって
2倍いい音がするわけでもないです。
最初に書きましたが、ストラトの方がいい音します。
こう書くとジャガーにはよさがないように思えますが
ジャガーにはジャガーの魅力があります。
ストラトでは出ない、そのジャガーにしかない、音色があるのです。
それが何かいいんです。

ギター買う時にこういう音がほしいと思って
買うことが多いですが、逆に音は二の次で見た目で買うこともあります。
音の性能?だけではないところにギターの魅力を感じています。
他にも例えば「車」も性能だけの魅力ではないですね。
性能(スペック)だけで選ぶ人もいますし、デザイン重視の人もいます。
色んな見方があったほうが、よりおもしろいです。





2011/05/23  バックルベルト。


バックルベルト、このタイプのバックルはバックルの裏にある
ピンでベルトを固定します。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

今までピン先が折れた話は聞いたことがありませんが、
ピン先は雑に扱うと折れることもありえます。
例えば、ベルトを投げる。
ピン先を硬いものに当てる。

お客さまがお酒に酔って、家でこのバックルのピン先を踏んでしまいました。
ピン先はなんともなく、足の裏に穴が開いて一晩中血が止まりませんでしたと。
ピン先は案外丈夫みたいです。

別注白デニムですが、今月末までに届きそうです。(おそらく・・・)
シルバーのロゴが付くか付かないかは、
最後までわからないと以前書きました
やはりシルバーの重みでパイソンに負担がかかるので、
付かないことになりました。
プライスは通常の白デニムと変わらないくらいになると思います。





2011/05/22  お客さまのコーディネート。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

バックラッシュの姫山水白鞣しレザーシャツに迷彩のクロップド。
クロップドパンツは1年前から穿き始めた。
最初は肌も見えるし、敬遠していたが穿き始めてみると
涼しいし、コーディネートの幅も広がってやみつきになりました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

メッシュベルト、真っ赤っていうのが見ていて気持ちいいです。

お客さまは黒のパンツを(リザードシリーズ)ご試着。
実は黒のパンツを持っていないんです。
黒のパンツ、合わせるの難しくないですか?と。

・・・なかなかそういう人いないですよ。
むしろ逆行ってます。
黒は無難で、他の色にチャレンジすることの方が少ないんですけど。
リングヂャケットのダブルのジャケットや
アンティパストの靴下を買われているお客さまだからこそ
黒は持っていない。という言葉に深みを感じます。

ご試着頂いたパンツ、僕は強くおすすめしませんでした。
黒が似合わない。ということではなく、
そのお客さまには次回秋冬のニットストレッチパンツの黒の方が
より似合うと思ったからです。


届きました。
328-01 ロザリオ
328-05 バングル





2011/05/21  コーリングのお客さまが最近買われているもの。


バックラッシュをご購入されたお客さまが他に何を購入しているのか?
その時々で、色々違いますが、最近はスーツが多いです。
ジャケット単品も次いで多いです。

その中でも特に多いのがRING JACKETのサイズ40。
(リングジャケットではなくリングヂャケットです)
リングヂャケットは大阪で57年の老舗スーツメーカーです。
自社ブランドだけでなく、国内ブランドや大手セレクトショップの
スーツも生産しています。
お客さまが革物はバックラッシュが国内で一番と言ってくれるように
スーツはリングヂャケットが国内で一番と言えます。

リングヂャケットのスーツのサイズ展開は42からです。
(42はXSサイズでバックラッシュで言えばSサイズ相当)
42でも販売しているところは少ないと思いますが
コーリング隣接店のピープルでは別注サイズとして40を取り扱っています。
海外にも展開しているリングヂャケットですが、
サイズ40はピープルのみの取り扱いです。
バックラッシュのXSサイズをご購入のお客さまが
スーツをお探しのときに購入されることが多いです。

当たり前ですが、2着いくら。のスーツとは
生地も仕立ても比較になりません。
安さを追求したスーツと着心地や生地感を追求したものとでは
同じ「スーツ」と言う名前ですが、まったく別物です。
(バックラッシュのライダースと5万円のライダースが違うように)

ライダースとスーツ、モノはまったくの別物ですが、
バックラッシュとリングヂャケットのスピリット、パッションは同じと思います。

ちょっといいスーツが必要になった時はお声をかけて下さいませ。
ご提案させて頂きます。


届きました。
1047-06 テント生地ブルゾン





2011/05/20  ハラコ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この写真はバックラッシュではないですが革の変化を見てください。
ゴールドのところは革にメタリックのプリント。
カーキーのように見えるところは「毛」です。
新品の時はボディは「毛」だったんです。
ハラコのバッグ。
使用することで毛が擦れていき、アイスグレーのボディに変わっています。
毛が擦れてなくなっているところのトラ(一言で言えばシワです)がいいです。
トラを消す工程もありますが、ハラコなのでそういうこともできません。
皮らしい風合いです。
何年か前に(5年くらい)ベビーヘアーカーフというのがありましたが
毛が擦れたものはまだ見ていないです。
それも今後どうなったか見てみたいです。
以前ベビーヘアーカーフのウエストホルダー
お使いのお客さまからメールを頂きました。


届きました。
L864-03 balletドイツカーフダブルライダース
174-01 イタリアンオイルヌバック ショルダーバッグ





2011/05/19  オイルカーフ。


牛革の中でも生後6ヶ月以内の仔牛の事を「カーフ」と呼びます。
バックラッシュでは服にカーフを用いることが多いです。
カーフの特徴を一言で表すなら「繊維のきめ細かさ」に尽きると思います。
例えば生後3年の牛と生後6ヶ月以内の仔牛だと
繊維のきめ細かさは全然違うものになります。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH


人間で例えるとわかりやすくなります。
生後6ヶ月の赤ちゃんと30才では肌の張り、艶、うるおいが明らかに違います。

そのきめ細かいカーフは一般的には靴、手袋、バッグなど
小さいサイズのものに使うことが多いです。
生後6ヶ月ということで、革1枚の面積が小さいからです。
それをバックラッシュでは贅沢に服に用いています。

1着に使うカーフの枚数は革3枚分くらいです。

バックラッシュだけ見ているとカーフが普通。
というように見えますが、これは一般的な使い方ではありません。

そのカーフの中でも
今季春夏のスカジャンに使ったオイルカーフは
国内で生産して手に入るカーフの中で一番上質なカーフです。
店頭でこのスカジャンに触れたお客さまは、一発でいい革ってわかるね。
と、おっしゃって下さいました。
滑らかなんです。
ライダースではなくスカジャンということもあり、
タンニン鞣しではなく、クロム鞣しです。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH


リブも革というのがおもしろいところです。
このリブは正直ただ見ているだけなら「リブも革なんだ」
と思うだけのところですが、作り手の立場から見ると
革を引っ張って縫製をするのは簡単ではないようです。
簡単ではない。というよりも、かなり力が必要で難しい仕事のようです。

もっとも上質な革をジャケットではなく
スカジャンというアイテムで使うのが
バックラッシュらしいところだと思います。


一部届きました。
1104-02 リザードブーツカットパンツ





2011/05/17  憧憬。


21才のお客さま、夏らしいパンツがほしいと
白のクロップドパンツを求めてご来店。
ところがお客さまのサイズが売り切れになっていました。

流れでPT01の真っ白のパンツをご試着。
パンツに合わせてハイペリオンのジャケットも。

想像もしていなかった自分に戸惑いと憧憬。

インターネットを通してだとこの感覚は伝えにくいのですが
試着する醍醐味はそこにあると思います。

思ってもいなかったようなもの。
そういうものに遭遇した方がたのしいです。
お客さまはPT01買って行かれました。



ISAMU KATAYAMA BACKLASH



届きました。
337-09 グィディコードバン ラウンドファスナー財布
384-04 パイソン墨染め ラウンドファスナー財布
383-03 クロコ墨染め ラウンドファスナー財布

337-09コードバンの財布今日は2個のみ届きました。
これから徐々に入荷致します。
予約順にお渡ししております。

学生アルバイトの井須のブログ、昨日の記事とてもいいです。




2011/05/16  茶系。


バックラッシュのプロダクトはブラックとカーキーの2色展開が多いですが
ブラックの方がお問い合わせ、ご購入多いです。
カーキー(茶系)がブラックと同じくらいお声の多いものは
ダブルショルダーの財布(318-03)、ベルト(318-04)です。
ベルトも318-02のシルバーバックルベルトになるとブラックの方が、
圧倒的に人気ありますが318-04の3ピンベルトは
カーキーの方が人気あります。
お求めやすいプライスなのでチャレンジしやすいのかもしれません。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

4年ほどお使いの318-03 カーキーの財布。
ブラックにはない、色の濃淡がカーキーの魅力です。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

バターが溶け出しているような革の色艶。
僕にはおいしそうに見えました。





2011/05/15  お客さまからのメール。


先日のダブルショルダーのメモを読んでメールを頂きました。

ダブルショルダー、いいですね。
私は財布は持っていないのですが、
3ピンベルトをすごく使い甲斐のあるアイテムだな、
と思って使っています。

特に最初の手強さ、たまりませんよね(笑)
日常的に使うアイテムとしては、
クロコやオイルカーフなんかも高級感があっていいですが、
ダブルショルダーのアイテムはそれこそ壊れるまで
使ってやろうという気分になります。

そういう意味では、よく使う頻度のアイテムにこそ、ダブルショルダー!
というのは素敵ですね。
ブライドルレザーも似たような魅力があると思います。

「手強い」というあたり、革ならではの楽しみ方のような気がします。


届きました。
1195-03 ホワイトクロップドパンツ





2011/05/14  すこしづつ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

2011S/Sでご予約頂いたお客さま。
約半年前にご予約されてから、商品のために500円玉貯金を
こつこつしていました。
うれしそうに帰られる姿を見て、うれしくなります。


届きました。
1190-04 ヘリンボーン半袖つなぎ





2011/05/13  バックラッシュのパンツ。


今日はパンツです。
バックラッシュのパンツどうですか?

ブーツほどではないですが、パンツも時々聞かれます。

これは過去に穿いてきたパンツに影響されます。
バックラッシュのパンツがいいかわるいかではなく
(乱暴に言ってしまうと)パンツはすでにそこに在るので、
自分がそれをチョイスするかどうかだけです。

パンツに何を求めるかはひとりひとり違います。
単純に穿ければいいや。と思う人は
バックラッシュのパンツには興味ないと思います。
デザイン、加工、シルエット、他に見ないものだから。
自分の中に何かの基準がないと迷い続けます。
完璧なパンツというものがどんなものか僕にはわかりませんが、
僕は個人的に買う場合、雰囲気と気分や
後は今まで穿いたことのないもので選びます。

ブーツカットのパンツばかり買い続ける方もおられます。
ストレートだけという方もおられます。
その時々で選ぶ方もおられます。
飽きたという方もおられます。
今まで穿いた中で一番いいパンツという方もおられます。
ほんとに様々な心持ちです。

どう合わせるか?でも選ぶものが変わります。
ライダースに合わせることが基準の方。
ジャケットに合わせることが基準な方。
そういえば、先シーズンコーディロイパンツを購入され
そのパンツに合うブーツがなかったので、次回秋冬ブーツを
ご予約されたお客さまもおられました。
(ブーツは持っておられますが、手持ちのものだとしっくりこなかった)

初めに戻りますが、今までどんなパンツを
どのように穿いてきたかで感じ方は違います。
パンツがいい、わるいというのではなく、
あなたにとってこれはいい、これはわるいというのはあります。
ご相談にはいつでも応じます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。


届きました。
1104-05 6ポケットリザードパンツ





2011/05/12  バックラッシュのブーツ。


バックラッシュのブーツどうですか?

時々聞かれますが、これには返答が困ってしまいます。

丈夫さ。という観点からみれば丈夫です。
丈夫の基準もどこにあるかわかりませんが、
10年履いてもまだ履けるのか?と設問してみると
履けます。になります。
ソールの交換もできるので、末永く使えます。

履き心地はこう言ってしまうと見も蓋もありませんが
個人差があると思います。
しかし、愛用している多くの人は履きやすいとおっしゃいます。
スニーカーのようですとか、(軽くて履いていてらくという意味)
同じ距離を歩いて(他の靴と比べた場合)、疲れにくいですなど。
ワークブーツに見えて、ワークブーツではないから軽いです。

デザインは革も含め、限定した環境で履くものではないから
これこそ好みで選ぶのがいいと思います。
例えば身内の結婚式でスーツに合わすのならどんな靴がいいですか?
と、聞かれれば黒のストレートチップです。とお答えできますが
バックラッシュのブーツを履くのに、そういう設定はないですものね。

バックラッシュに限らずどんなブーツでも
永く使うと革も変化して、そこに愛着も出てくるように思います。
バックラッシュのブーツである意味は(ブーツではなくても)
下地の革に何かしらの手間を加えているところです。
見たことはないですが、僕はおそらく下地の革を見てもグッとこないと思います。
その革に手を加え、形にすることで、グッとくるものに創り上げる。
そういうところはなかなかスポットがあたりにくいところですが、
手を加えることでバックラッシュのプロダクトは、よりよくなっているように思います。

以前書いた他のメーカーとの違い(エンジニアブーツ)


届きました。
548-02 モカシンスエード





2011/05/10  ダブルショルダー財布。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

四年ほどお使いのダブルショルダーの財布。
艶々で顔も映りこみそうです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ウォレットチェーンを付けるわっかを外しています。
ウォレットチェーン付けることがないので、ない方が便利なようです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この革の厚みといい、最初の硬さといい、革のよじれといい、
使い倒したくなる気にさせてくれる数少ない財布です。
現在売り切れですが、BLACK,KHAKIともに
2011A/W生産分で入荷致します。


届きました。
552-01 ステアーレザー インソール





2011/05/09  着たいように。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

7年ほど前の麻とシープ(羊)コンビのウェアです。
今の季節にちょうどよさそうです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

袖の長さが7分袖くらいです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この袖ですが、元々は普通の袖の長さでした。
それをお客さまが自分でカットして短くしたものです。
自分でこう着たいと思うイメージがあって
何か手を加えたりすることは素敵なことだと思います。
こちらのお客さまは本日(昨日ですが)
フランクリーダーを衝動買いして行かれました。
そちらは学生アルバイトの井須のブログに掲載しています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

末永く着て頂ければ、僕たちもうれしく思います。





2011/05/08  夏のレザー。


大阪は昨日の日差しから少し夏を感じるようになりました。
今日ももう春ではない日差しです。
ネットで調べてみると今年は5月5日から立夏なようです。
これから少しづつ本格的な夏に向かっていくんでしょうね。
よく夏でも革着れますか?と聞かれますが、
着れるときもあるし、着れないときもある。とお答えします。
真夏のお昼に直射日光浴びながらだと、それはつらいです。
逆に冷房の効いたところなどでしたら、レザーシャツは着れます。

暑い、寒いなどの感じ方は意外に人それぞれ違います。
先日知人のお宅に行くと家の中で薄手のダウンを着ていました。
寒がりな知人ですが、今、家の中でダウン?
それくらい個人差があるんだなと思いました。

夏にレザーは見た目に暑そうに見えますよね。
夏にレザーを着るかっこよさもあれば、かっこわるさもあります。
暑いのに無理して着ていれば自然じゃないですよね。
ただし、その無理を承知で装っている人は、突き抜けてかっこいいなと思います。





2011/05/07  何を大事に思うか。


革がよくて、着心地がよく、色もよくて、経年変化もよくて、色移りしなくて・・・
探せばあるかもしれないし、ないかもしれません。

優秀なものはあるだろうけれど、
優秀なものでなくても自分が好きになったものは大切に思います。

人それぞれ何を大事にしているかは違うと思いますが
それを大事に想う気持ちはみんな同じなんだと思います。
僕は着た瞬間に感じる何かを大事に思っています。
革とか、色とか経年変化はその瞬間関係なくなっています。
単純にグッときたかどうか。

デザインを大事に思う人もいるだろうし、
革を大事に思う人もいると思います。
そいういうのが色々あった方が魅力的に思います。





2011/05/06  繋がり。


この南船場(みなみせんば)界隈では
GWでまだ休みのごはん屋さんが多いです。
食べるところが少ないから
開いているところが混んでいました。
よくお昼を食べに行く店も今日は混んでいました。
そこで食べていると、そのお店の隣(ごはん屋さん)の主人が
「お米わけてくれへん?」 とボールを持って来られました。
お隣りも思っていたよりお客さまが入り、お米が足りなかったようです。

隣通しで同じ業種であれば、敵対しそうですが、
「あぁええよ。」 と言ってお米を分けていました。

何かそういうのいいなぁと思います。
単純にできることをする。
そこから始まって広がることもあるかもしれません。

出来ないこともありますが、出来ることを増やして行く。
コーリングもその方向に向かって進んで行こうと思います。





2011/05/05  代替。


代替(だいたい)
コトバンクで調べてみると
「それに見合う他のもので代えること」とあります。

買いたいものがある気持ちのとき、2通りあると思います。
それがほしいと強く思うときと、
あれかこれ、どっちにしようかな。と計算しながら迷うとき。

あれかこれで迷うときは、まぁ言えば「これでないと」と
思う気持ちが希薄なときのように思います。
例えばパソコンかライダースか。
ライダースを着た時の気持ち、気分そういうものは
他に代替のないものだと思います。
パソコンがある生活も一緒です。
どちらも比較するものでなく、(金銭的に比較してしまいますが)
どちらもそれしかないもの。
自分が何を欲しているのか?
それがわかっていないときは
買わないほうが僕はいいと思います。
そういう気持ちのときに買っても
後々気持ちがのらないことの方が多いからです。
買い物も自分の気持ちに正直なのが一番よいと思います。





2011/05/03  白デニム。


別注白デニムはまだですが、(5月末には何とか・・・)
通常のクラッシュデニム少量届きました。

白パンツのよさは優しく見える、清潔感あるように見えるです。
製品染めのライダースの下に白パンツを合わせるだけで
あぁおしゃれだね。と思わせるものがあります。

ライダースに合わせなくても、
シャツ、ジャケットなど白パンツは使えます。
買ったばかりの頃は照れがあり、穿く回数も少ないかもしれませんが
夏ごろには、もう1本サブを買っとけばよかった(白は汚れやすいので)
と思うようになるパンツです。

次回秋冬は白デニムは生産しないので、
白パンツを持っていない人は一度ご試着してみてください。


追加で届きました。
1194-02 クラッシュデニムブーツカットBLACK
1195-02 クラッシュデニムブーツカットWHITE





2011/05/02  3ピンベルト。


ダブルショルダーの3ピンベルト(318-04)
このベルトの良さは何にでも合わせれないところです。
何にでも合うではなく、合うもの合わないものがあります。
ベルト巾は4.5cmです。
それだけであればほとんどのベルトループには通るかもしれませんが
革の厚みが約5mmもあるので、
厚さと巾でベルトループに通らないパンツもあります。

そのため手持ちのパンツでベルトループに通るパンツ、
通らないパンツが出てきます。

何にでも使えたらもちろん便利ですが、
使えない時があるっていうのが、逆にこのベルトの個性だと思います。

革の厚みといい、巾といい、買ったばかりのベルトの外しにくさといい。
(革が馴染んですぐに外しやすくなります)
使い勝手のよいベルトがよかったら、他に探せばいくらでもあると思いますが
つけてみたい、なんじゃこれぁ?!と思わせるベルト。
それこそがバックラッシュ感だと思っています。





2011/05/01  グィディコードバンの財布。


まだ2011S/S分が入荷していない337-09。
グィディコードバンのラウンドファスナー財布。
一年前の2010S/Sで初めて作られたモデルです。
この時は初めて出る新型にも関わらず、予約完売でした。
2010A/Wではそれを踏まえて数量をご用意したつもりでしたが
予想を超えてご予約が入り予約完売でした。
今季2011S/Sではさらに数量を用意しておりますが、
この一週間何故かこの財布のお問い合わせが多いです。
しかし数量は十分用意しておりますので、
店頭でも見て頂けるとことと思います。
今でご用意分の半分がご予約になりました。


届きました。
1133-01 クラッシュデニムストレート
1133-02 クラッシュデニムブーツカット
1194-03 ブラッククラッシュクロップド
1104-07 ブラックスキニー
168-01 パイソンバナナバッグ
551-01 イタリーショルダーショートエンジニア






4月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998


line


Copyright (C) CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.