ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2011/11/29    袖口リフォーム。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お客さま、ライダースというハードなプロダクトを
さらりと着こなしています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お客さま着用のメキシカンダブルショルダーのシングルライダース
こちら以前メモにお客さまからのメールで書きました。
リフォーム前の画像です。
向かって右袖口が左袖口に比べると若干広いです。
一度気になると、そこばかり集中して見てしまうので
そこがクローズアップされ気になってしまうものです。
僕もそうです。
でもそれは他人が見てもわからないほどだったりもします。

袖口がこのライダースの欠点ではないし、
袖口を細くしたいと言うお客さまが悪いわけでもありません。

そういうことはあります。
そのモノに対して自分はこうしたい。あぁしたい。など
自分の要望のようなものがあるのは普通です。

お客さまには気分よく着てもらいたいと考えていますので
ご要望に応え、袖口を細くしました。
今日は引取りにご来店でした。
リフォーム後、ご満足頂けたようです。





2011/11/28  お客さまコーディネート。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

自分がいいなぁと思ったものを着ます。

おしゃれな眼鏡をかけて、ハットも被っています。
眼鏡は友達がやっているお店で買うのでブランドとかは気にしていません。

香川県から二ヶ月に一、二回ご来店のお客さま。

いつも何を着ていても、そのお客さまの雰囲気がまずあります。
服に負けていないというか。
まず自分ありき。
最近はバックラッシュなどよく着ていますが、
以前はエルメスの服をよく着ていたそうです。
いろんな服を着る、それを経ることで自分らしさが少しずづ
滲み出てくるのかなと思います。





2011/11/27  半年間で買ったもの。


半年前にバックラッシュを知ったあるお客さま。
そこからこれまでに買ったもの。
ライダース 3着
レザーパンツ 1本
デニムパンツ 1本
エンジニアブーツ
ウエストホルダー
財布
名刺入れ

わりとハイペースでお買い上げですが
上も下も靴も小物もバランスよく買っております。

バックラッシュを買うときは、
じっくり考えるというのも、もちろんありますが
ある種の勢いがないと決意出来にくいものとも思います。

自分が買いたいなと思うものがないときは
まぁいっかと妥協して中途半端なものを買うよりは
買わない方が僕はいいと思っています。
その代わりグッと来たものがあったならそれは買うべきだと思います。





2011/11/26  グィディオイルカーフ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お客さまお使いのグィディオイルカーフと新品の財布。
色艶が全然違いますよね。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

革は使って行くほどに味わいが出ます。
それと共に自分の気持ちも何かしらの変化があります。





2011/11/25  メイン。


先日僕のライダースを修理に出しました。
まだ帰って来ていないですが、手元にないことで発見がありました。
11/08に修理に出したので2週間と少し着ていません。

一年で100日は着る。と書いたように僕のコーディネートの中心は
このライダースでした。
デニムパンツを穿かなければ、どんなパンツが合うだろうか?
インナーにカットソーを持ってこなければ、何が合うだろうか?
ライダースの上には何が着れるのだろうか?などなど
定番コーディネートをやめた時に何が合うのか?を
自分なりに探していました。

そのライダースが着れなくなると、手持ちの服では少し物足りなさを感じてます。
ブルゾンやコートなどは店頭では着ないので、
ライダースくらいのジャケットがいるのです。
カーディガンだと寒いですし。

ライダースジャケットというくらいですから、
代わりのジャケットがいるんです。
もしくは厚手のローゲージのカーディガンなど。
ジャケットは夏物はあるけれど、冬物・・・これもあるんだけれど、
これは上下で着た方がよいのでジャケットだけでは着ることがありません。

メインで着るものに頼り過ぎてたんだなと思いました。
それと共に、バックラッシュのシングルライダースは
わりと何でも合わやすい服なんだなとも思いました。





2011/11/24  お問い合わせの多いもの。


22日に2012S/S入荷予定アイテム書いたのですが
お問い合わせ下さったすべてのお客さまに共通しているのは
イタリアンダブルショルダーのシングルライダースです。
何点かお問い合わせのお客さまはイタリアンダブルショルダー+他のアイテム。

イタリアンダブルショルダーは別注サイズのXS〜XXLまで入荷致します。
入荷数量(20着以上)に余裕を持っているつもりでしたが、
このままでは入荷までに完売するサイズも出てくるかもしれません。

どうしても購入したい方はご予約するのがいいと思いますが
あまりおすすめしておりません。
実際に袖を通して決めてほしいからです。
その時に感じることがすべてと思います。

グィディコードバンの新型の財布もわりとお問い合わせありました。


届きました。
548-02 スエードモカシンブーツ





2011/11/22  着ているもの。


初めて買ったライダース。
自分の気分も最高で自信に満ち溢れて街を歩いたけど、
時間が経つにつれ、あれっ?これ大きくないかな?
そう思ってしまうと、あれほど自信があったのに、
すれ違う人みんな俺のライダース大きく思ってるんじゃないか?
と、まで思ったね。

7年ほど前のお客さまの出来事です。
悩んだ末、このお客さまは自分で乾燥機に入れて
サイズダウンして(うまく行きました)着るようになりました。

今も時々このライダース着ていますが
それよりもジャケットやニットを着ていることが最近は多いです。


受注会の時を除くと次のシーズンのお問い合わせは多くないのですが
2012S/Sはお問い合わせがいつもより早く多く感じます。
2012S/S入荷予定ITEMを掲載しました。





2011/11/21  お客さまコーディネート。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

写真ではほぼ見えないですが、
ドットのシャツにドイツカーフブルゾンを合わせたお客さま。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お取り置きだったballetのカーフブルゾンをお引取りに。

また少し気温が下がってきたので
大阪ではライダースを着るのにちょうどよい寒さです。





2011/11/20  メール。


昨日のメモを読んでお客さまからメールを頂きました。
その文章と僕の返信文です。

10/15にDIR EN GREYの話とタイやインドの話をして、
ダブルショルダーの財布を購入した者です。
お久しぶりです。

ダブルショルダーの財布を購入してから約1ヶ月経ちました。
たったの1ヶ月でMEMOで書かれている以上の艶が出てきて驚きました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

オイルなどの手入れは全くしてません。
毎日ケツポケットに入れているだけです。
MEMOに書かれている「濡れてるように見えるほどの艶」を
手に入れる日が楽しみでしょうがないです。
これで僕も少しは「ダブルショルダーの理解者」になれたでしょうか?
こうやって、いつかは「BACKLASHの理解者」になれたら良いですね。

話は変わりますが、
森さんはBACKLASHを知ったキッカケが
「ミュージシャンが着ていたから」と言うお客さんについてどう思われてますか?

それは、つまり僕なんですが…(笑)
僕は失礼で恥ずかしいと思っていました。
実はCALLING BACKLASH訪問時に「キッカケがDIR EN GREYだ」
と言わないようにしようと思ってたんです。
「BACKLASHの商品の魅力がわかってない人間です」
と言っているような気がして…。

でも、今は五感を使ってダブルショルダーの良さを
フルに楽しめている自分がいます。

あの時に森さんと「音楽と服は五感を使うという意味で楽しみ方に近いものがある」
という話をしました。
さらに深く掘り下げて考えてみると、
音楽を発信するミュージシャンと音楽を受け取るファンというのは、
その音楽のどこかに両者の感じる共通の良さがあるから繋がっているわけです。
つまり、両者の感性は近いわけです。
ということは、ミュージシャンが良いと感じる服の良さを
ファンも感じることができる可能性は高いということ。

そう考えるようになってから、
「ミュージシャンが着ていたから」っていう理由は、
もしかしたら立派な理由なのかもしれないと思うようになりました。

まぁ、恥ずかしさは消えないですけどね(笑)

また、ダブルショルダーの財布に変化があったらメールします(^^)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

お世話になっております。
CALLING BACKLASHの森です。

メールありがとうございました。

お財布はだいぶ艶が出てきましたね。
雰囲気が出てきました。
やっぱりモノは使ってこそ値打ちが出てくると思います。

十分「BACKLASHの理解者」です。
そう考えているだけで、すごいことです。
相手の立場にたってものを考えることが出きることは
すごいことだと僕は思います。

あるミュージシャンが好きでそこからブランドを知る。
そのことは僕は何とも思っていません。
何ともと言うか、いろんな人に知ってもらえるチャンスがあって
よかったなと思います。

誰でも初めはそのブランドを知らないもんです。
僕なんかバックラッシュのことは何にも知りませんでした。
僕が知ったきっかけは以前メモで書きました。
きっかけは何でもいいと思います。

例えばバックラッシュを知るきっかけだった
ディルアングレイのところを他の言葉に変えてみると
雑誌、web、モデル、俳優・・・など、いろんな言葉や人が入ります。
何で知ろうと、知るまでの道が違うだけのように思います。

ディルアングレイが好きで、その中でも自分はこれを使ってみよう。と
自分が使いたいと思ったものを選んでいるので個性が出てると思います。
何かにとらわれてる人は、憧れの人とまったく同じものでないと
興味を持ちません。
それには違和感を感じますが、
そのモノを使うことで変わっていくこともあると思います。

ディルアングレイが好きでバックラッシュを知ったということを
恥じることは何もございません。
むしろ、ディルアングレイがいてくれて、バックラッシュも知れた。
よかった。と思うことの方が自然で良い事だと思います。
ミュージシャンが着ていたからというのは立派な理由です。
僕はそう思います。





2011/11/19  パンツ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

雨の中、名古屋から初めてご来店のお客さま。

バックラッシュを知ったきっかけは、バンドのディルアングレイだったそうです。
元々レザーが好きだったので、単純にかっこいいなと思った。

バックラッシュに限らずパンツはよく買うそうで、
今日は革パンツ白デニムをお買い上げでした。

パンツを変えるだけで、いつものトップスがずいぶん違って見えたり、
自分の気持ちも変わったりします。
それでもパンツはトップスに比べると重要視することがあまりないです。
わかってはいても僕自身もトップスに比重がいきます。
パンツ重要というお客さまもおられますが少数です。

なんか最近マンネリ気味だな。と感じたら
トップスではなく、パンツを変えてみるといいかもしれません。





2011/11/18  寒くなってきたので。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

寒くなってきたので白デニムそろそろ穿き頃になってきました。
このメモで白デニムは秋には穿かないでと言ってきました。

なぜなら白デニムはなんと言っても「夏」の日差しに似合うパンツです。
秋に穿くとまだ夏を引きずってる印象が残ってしまいます。
季節は進んでいるのに。
デニムで言うとイメージが湧かないかもしれませんね。
例えばダウンジャケット
寒い1月、2月は着頃です。
でも春の日差しの3月後半で着ていると、
いくら肌寒いとは言え、ずれを感じてしまいます。
(地方で寒さは違うと思うので大阪での話)

話を白デニムに戻すと、秋は穿き頃ではないんです。
冬は逆に、あえて白デニムを穿いている。ということが無言で伝わります。
だからどうした?と言われたらそれまでなんだけれど。
そのへんって感性(センス)のことなので。

それで、白デニムを穿いてほしい。というわけではないです。
なるほど!だったら俺は黒を穿こうとか、
一年通してインディゴなんだよね。とか
冬は革パンツと決めているだ。とか
色々あった方がたのしい世界だと思う。





2011/11/17  縁。


もう8年か9年お付き合いのお客さま。

バックラッシュのシングルライダースがほしいと昔から言っていました。
当時は24才で大阪で働いていました。

この9年でご結婚され(ウェディングもさせて頂きました)
転職もして、今は京都の丹後半島の方にいます。
それでなかなかバックラッシュのシングルライダースを買うまで至りません。
リングヂャケットのジャケットやベグリンの靴や
ディスコードの服ロベルトコリーナのニットなどは今も買って頂いています。

買いたいなと思っていても何故か買えなかったもの。

僕で言えばダブルライダースです。
欲しいな、着たいな。と思っていても
つい違うのをオーダーしてダブルはまた次でいいか。となってしまいます。

服にも「縁」 ってあるんだろうなと思います。





2011/11/15  よりよいものと感性。


バックラッシュのウェアを何着か買って
小物にブーツ買ったらひと通りバックラッシュの
プロダクトを買ったことになります。

ひと通り揃うと、次は買うものないな。となることがほとんどです。

あるお客さまは、それが何故か次も買ってしまってるんです。と。

気に入ったドイツカーフのライダースがあるので
これ以上のものはもうないだろうと思ったら
色のきれいなブルーがあって、買わずにいられなかったです。

そんなことが起こるんですよね。
もうこれ以上はないだろう。と思ってたのに
それを超えるものが出てくるんですよ。

バックラッシュも以前作ったものより、
よりよい物を作ろうとしています。
(これまで作ったものがわるいものと言ってるわけじゃないです)

だからよりよいものが出てくることがあります。
それと共に買ってる人の感性が磨かれてるとも思います。

ひと通りバックラッシュを買った他のお客さまで
アウターと言えばダウンだったけど
ラビットファーを試着して、これは次の候補になった。
とおっしゃられました。
お客さまが例えば5年前と同じ感性であれば、
ラビットファーは気にもならなかったと思います。
お客さまの感性が磨かれてると共に
バックラッシュもよいものを作る。

それが重なった時に
「超えるもの」 と、思えるのだと思います。


届きました。
1243-01 スペインムートン





2011/11/14  自分への贈りもの。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

メキシカンダブルショルダーのA2タイプをお買い上げのお客さま。
シンプルなシングルライダースを買うか、
気にいったこのA2タイプを買うか、2週間ばかり毎日HPを見て
迷っていたそうです。
真剣に迷ってくれてうれしいです。

お客さまは転職をされるようで、
これからの飛躍にとの思いで
このA2タイプをお買い上げ頂きました。

誰かにわかるわけではないけれど
自分だけの物語のある服っていいなと思います。





2011/11/13  カット。


本日入荷したグィディバイソンのエンジニアブーツ
26.5cmをお買い上げのお客さまはインソールを入れたいです。と。
でも店にはLサイズのインソールのみしかありません。

Lサイズは27cm〜なので、26.5cmのブーツには少し大きいです。
バックラッシュのインソールでなくてもよいのでは?とご提案しましたが
初バックラッシュなので、インソールもバックラッシュにしたいです。と。

では、Lサイズのインソールをカットして使えるようにしますか?
それで構いません。ぜひ。となったので僕がハサミで合うようにカットしました。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH


先日から壊れていたPCですが、仕事が出来ないので新しくPC買いました。
その間に届いていて売り切れたものもあります。
L890-01 ballet天然ログウッド製品染めブルゾン
L418-01 balletイタリーショルダーショートエンジニア
558-01 グィディバイソンエンジニア





2011/11/12  革嫌い。


いわゆるライダースって嫌いだったんですよね。
おっちゃんのイメージがあって。
でもバックラッシュの製品染めはそういうイメージと違っていて
これなら着れるんじゃないかと思って。
今日ご来店のバックラッシュ好きなお客さま。
革が嫌いだったお話は初めて聞きました。

ライダース苦手な方は意外と多いです。
それがしだいに、ライダース着てみたいな。
と思うようになって行くから不思議です。

ライダースと言えばハードなイメージですが
それだけでもありません。

昨日書いたこととリンクしてますが
その人ありき。というか。
だから僕がライダースを着ても全然ハードに見えません。
逆にハードに見える人もいると思います。
どう見える?というよりは、これ着たい。と思う気持ちが僕は先に来ます。


話は変わりまして今、スタッフを募集しています。
コーリングバックラッシュのみではなく、
マドリガルのスタッフとして、共に働いてくれる人を募集しています。
興味のある方はこちらをお読み下さいませ。
興味のない方も読み物としておもしろいと思うので、ぜひ読んでみて下さい。





2011/11/11  着る人次第。




この画像はサルトリアリストのものです。

合わせ方がぶっ飛んでます。
単品で見てみるとどれもいい服です。
パンツの生地感もすばらしいです。
ライダースにコート。ここまでならまだ見ます。
それにこのパンツとタッセルローファーを合わせ
尚且つパンツ丈を短く。
僕はこのスタイル今まで見たことありません。

かっこいいかどうか僕にはわかりません。
そこが矛盾したいい方ですが、かっこいいなと思います。
自分の着たいものを着て、堂々とする。
いいなぁ。
外に向かって開いてる感じします。
サルトリアリストのコメントにもクールとかパンツいいとか、
髪型がいけてる。とか。そんなコメント多かったです。

たぶんこの人は何を着ても自分のスタイルになると思います。
例えばバックラッシュを着ても、「バックラッシュ着てる」感じではなく
いいレザー着てる。そんな感じです。
その人が中心にあっての服。

そういうニュアンスのことをdiscord(ディスコード)の
デザイナー武石さんが「自分の服は・・・」とブログに書いていました。
そこまで素直に話しちゃってる人柄が僕はすきです。





2011/11/10  同じものでも違う?。


バックラッシュのプロダクトはインターネットで
画像を見ることが出来ます。
このコーリングHPでも見れますよね。
通販も出来ます。

だから何通りかの買い方があります。

店で買う。
お問い合わせして(相談)買う。
これください。とメールして買う。

大雑把に分けると3パターンです。

一番お金がかかる買い方はお店に行く。でしょうか。
通販は手数料かかりますが、お店に行くには交通費かかりますもんね。
手数料や交通費を除くと、商品代は同じプロダクトなら同じです。

でも買い方が違うと買った時の思い出とか、
自分の気持ちとかは変わってくると思います。

どの買い方が一番いいかは僕にはわかりません。
ただ話をしたり、聞いたりして買った方が
僕自身は記憶に残るモノになっています。

お知らせ
僕の使用しているPCが火曜日から壊れて使えない状況です。
なんとかこのMEMOの更新とメールの返信は出来ます。
しばらくは商品の詳細ページは作れない状況です。
ご迷惑をお掛け致しますが、PC復活までお待ちください。





2011/11/08  革も裂けることがある。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

僕がよく着ているライダースです。
この5年間は1年365日の内100日は着てると思います。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

元々は黒ですが、もう見た目は茶色になっています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

腕の付け根のステッチのところが裂けました。
これからお直しします。
革は丈夫なマテリアルですが、裂けることもあります。





2011/11/07  着るもの。


天気のwebサイト見てたら気温で着る服の目安がありました。
最高気温が20〜24℃ ⇒ 長袖シャツ
最高気温が16〜19℃ ⇒ 長袖シャツに+上着などを重ねたくなる
最高気温が12〜15℃ ⇒ セーターがほしくなる
最高気温が12℃未満 ⇒ コートの出番

しかし、日中は暖かくても朝晩は冷え込みが強くなるのが秋の特徴です。
暖かいと感じても、帰りの遅い方は上着を用意しておき、
寒さにも備えておきましょう。

これをバックラッシュのプロダクトで例えると。
最高気温が20〜24℃ ⇒ デニムシャツ、カットソーに裏地なしのライダース。
最高気温が16〜19℃ ⇒ シープのレザーシャツや裏地なしのライダース。
最高気温が12〜15℃ ⇒ 裏地ありのライダース。シャツ+ダウンベスト。
最高気温が12℃未満 ⇒ ラビットファー、ダウン。ミリタリーブルゾン。

今日の最高気温ですが、Yahoo天気で見てみると
北海道は11℃、沖縄は28℃でした。
地域により気温差ありますよね。

大阪は今日から肌寒くなりました。
日中はシャツ。朝晩は+ダウンベストでよかったです。
気温差がある今の季節は、気軽に脱いだり、
着たりできる服が一枚あると便利です。
ダウンベストだったり、ブルゾンであったり。





2011/11/06  レザーシャツ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ほぼ一年前に買って頂いた姫山水の白鞣しカーフレザーシャツ。
コーリングの近くの美容師さんです。
時々バックラッシュ着てお仕事されています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

パンツとブーツを変えて写真撮らせてもらいました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

革パンツのブラウンです。
パンツを変えても、醸しだす全体の雰囲気は同じに思いました。
バックラッシュが先にきて、次に自分ではなく、
自分が先にあってバックラッシュが後からついてくる。
そうすると、わりと何を着てもその人の雰囲気になるように思います。





2011/11/05  プレゼント。


プレゼントを探しに一人でご来店のお客さま。
コーリング初の(おそらく)17才の女性。
(17才の女性って私服だと年齢わかんないですね、大人でビックリしました)

プレゼントで多いのは財布です。
服だとサイズがあるので、財布やベルトなどの小物が
プレゼントに向いています。

10月からのプレゼントランキング

3位 318-04 ダブルショルダー3ピンベルト
プライスも手頃でプレゼントしやすいプロダクトです。

2位 318-03 ダブルショルダー財布
この財布は「これをプレゼントしよう」 と思ったのではなく
あれがほしいな。と前持って聞いていた方です。
じゃないと、この財布はなかなか女性は選ばないですよね。

1位 345-02 グィディオイルカーフ長財布
これはずっとプレゼントランキング1位です。
去年も一昨年もよく選ばれたプロダクトです。
上質な革と使いやすい形が選ばれる理由です。

ラッピングも致しております。
プレゼントの際はご相談下さいませ。





2011/11/04  レザーパンツ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ご来店のお客さま。
(レザーパンツを穿いての会話)

レザーパンツいつ(季節)穿くのがいいですかね?

いつでもです。
特に夏穿くのがいいです。
白シャツに合わせて。

それかなり暑くて、汗びしょびしょになりませんか?

なります。
暑っついな〜とか言いながらも、そこがまたいいんです。
誰も穿いていないのがうれしいんです。
僕もレザーパンツ夏穿きますよ。


レザーパンツをご予約頂いていたお客さま。(通販で)
お手元に届いてからメールを頂きました。

お世話になります。
レザーパンツですが毎晩仕事から帰ってからの日課が
「レザーパンツを穿くこと」です。
さすがに学生時分のように「寝て」までとはいきませんが、
身体に馴染みデビューするまで今は仕込みの大事な期間。
デザインはもちろんサイズも調整していただいたおかげで最適ですね。
さて当パンツが到着し、封を開いた時に漂う雰囲気は
ライダースといった定番アウターとはやや異なる個性かなと。
「This Is BACKLASH」といった際立った存在感に
やや欠けるように見えたのが第一印象。
特にBLKのパンツのみを撮影した写真では、一見平板で際立つ特徴や
インパクトにやや乏しいかと思っていました。
(正直到着する前にアップされた写真を見て「しまった」とやや嫌な予感がよぎる)
「然うは問屋(とんや)が卸さない」ならぬ「然うはBACKLASHが卸さない」です。
着用して立体感が加わると染料の効いた見事な色合い・表情となることを発見。
これまで見たことのなかった独特の色合いですね、真っ黒ではない茶を混ぜたような
光の加減では少しKHAKIに近いような・・・。黒なんだけど黒ではない・・・。
まさに「異彩」を放つ独特の色合い。
改めてBACKLASHの奥深さを確認できました。


届きました。
1238-03 チノルーズストレート
383-01 墨染めクロコ財布
552-01 インソール





2011/11/03  一人だけど。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

写真は本日ご来店のお客さま。
今日はチノブーツカットをお買い上げ。
2年ほど前からのお付き合いです。
今日は「僕、友達いないんですよね」 と。
仕事で地元から離れてるし、
職場も年齢が近くて10才以上離れてるので
友達って感じじゃないんです。
と、そんな話をしてましたが、
そこに他のお客さま一人一人で二人ご来店。
三人はお互いに初対面だけど、少し男子的な話をしました。

お店ではどんな人と会うかわからないし、
そこでどんな会話が生まれるのかわかりません。
それで気持ちよくなることもあれば、
逆に嫌な気持ちになることもあると思います。
でも他人と話すことで、共感があったり、
自分とは違う考え方だったり、視点だったり、
何かしら刺激を受けることの方が多いように思います。

誰でも一人だけど、一人だけじゃない。

そんなことを思いました。





2011/11/01  お客さまのダブルショルダー。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

メキシカンダブルショルダーのライダース。
(約一年前にお買い上げ)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ベルトもダブルショルダー。
このベルト2011A/Wから貴金属高騰のため生産中止になりました。
(二年前にお買い上げ)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

財布もダブルショルダー。
(三年前にお買い上げ)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ブーツもダブルショルダー。
(三年前にお買い上げ、お手入れは乾拭きだけです)

時間が経つほどに(もちろん使いながら)
馴染み、艶も出て、使いやすくなります。
バックラッシュは色んな種類の革を使っていますが
革のおもしろさが一番わかりやすいのは
ダブルショルダーだと思います。

ダブルショルダーはわかりやすいですが、
そのプロダクトを何と合わせるかで個性が(自分らしさ)出ます。
どれがいいかな?というのはありますが
先にどうなりたいとか、どう魅せたいかを想像すると
選ぶのが、より楽しくなるんじゃないかなと思います。






10月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998


line


Copyright (C) CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.