ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2012/03/31    メイン。

受注会の時はメインになるものを、ご予約される場合がほとんどです。

メインというのはコース料理で言う、メインです。
肉料理やどっしりしたというか、そのコースの「メイン」 です。

予約なので、メインを決めたいというのは
ごく自然なことだと思います。

メインであれば、予約した。という実感もあります。

実際バックラッシュにはメインになるアイテムの方が多いと思いますが
次回秋冬はメイン以外も充実しています。

メインはもうお腹いっぱい。と言う方でも
お持ちのメインに合うデザートがある。
そんな感じです。

このライダース持ってるんだけど、それに合うのどれですか?
そういう風に聞いてもらえたら、ご提案出来ると思います。

メインを探すのも
メインに合うものを探すのも

探すという行為を通じて、自分が起き上がってくるというか
自分自身というもの知るというところが、おもしろいと思います。





2012/03/30  袖丈の長さ。


今日はお電話で袖丈の長さについて
お客さまと話したので、その時に話したことや感じたことを。

短かいと思ったり、長いと感じたり。

2着持っていれば袖丈がまったく同じ。
というのはあまりないと思います。

僕の持ってるウェアは全て袖丈が異なります。
どれがよくて、どれがよくないのか?

それは、どれもよい。と僕は思っています。

手の先が隠れるほどの長さであれば、
もちろん、それは長過ぎる。と思います。
そういう極端過ぎるのがないので、
どれもありだと思えるのかもしれません。

袖丈だけ見ると、短い、長いというのが
クローズアップされます。
でも全体を見るとその袖丈の長さが(短さが)
自分では疑問に思っていても、合ってることもあります。

このモデルは短め、長め。というのもあります。
そこに自分を合わせることもあれば、
合わせないこともあると思います。

どちらがよいのか?

その都度、変わるものだと思います。

自分の気持ちの問題と気分によっても左右されます。
気分というのは、自分の気分と世の中のムードと2つあります。
世の中のムードというのは、雑誌や街行く人など。
そういう影響も受けます。

ただ買ったものを何回も着て、
気持よく着れない(不満や疑問を感じながら)のであれば
それはリフォームしてもよいと考えます。

気持ちよく着れるかどうかが僕自身の判断基準です。

正直、僕自身は好みの長さはありますが、
あまり気にしていない。というのもあります。
僕は身長が158cmなので、ほとんどの服は袖が長いです。
だから袖を折ったり、まくったり。
僕なりに工夫して着ています。
僕に服を合わせるのではなく、服に自分を合わせる感じです。
それはそれで続けていると、熟れるとか
スタイルなどになってくるのだと考えます。

結局、袖の長さは極端な例を除くと
お悩みの方が着ているところを見てみないと
数字的に短い、長いは言えても、
それがいいともわるいとも僕は言えないです。
服単品だけでなく、自身も含めてのことだからです。






2012/03/29  2012A/W BACKLASH展示会レポート。


まずは圧倒的なボリュームです。

僕は本が好きですが、厚いとか、重い。と言うだけで
惹かれることがあります。
よくこれだけ書いたなぁとか、
これだけ書かないと伝わらないんだろうなとか。
そのボリューム。

バックラッシュはいつもたくさんのサンプルを作っていますが
今回は過去最高のボリューム。
アイテム的に作ってないものはないんじゃないか。

バックラッシュ=レザー
これは変わってないですが
レザー=バックラッシュ=トータルコーディネート
これまでもコーディネートは出来ましたが、幅は広くなかったと思います。
アメカジよりなどのカテゴライズ。
そこから少し広い世界に。

と、書きましたが、そんなに変わってもいないです。
そもそもメンズは大きく変わる必要もないんじゃないかなと思います。
男性は女性と違い保守的です。
変わることを望んではいないと思います。
でもまったく同じだとつまんなくて。
今までのものに少しだけ新鮮さがほしい。
保守は保守でも大胆な保守。
そんな気持ちに応えてくれます。

体感しにお越し下さいませ。

サンプル受注会
4月2日(月)〜4月9日(月)
2012A/Wのコレクションサンプルを店頭にご用意致しております。






2012/03/26  2012A/W BACKLASHサンプル受注会。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

まだ春って感じになりきってないですが、
次の2012A/W 受注会日程決まりました。

4月2日(月)〜4月9日(月)
この期間は2012A/Wのコレクションサンプルを店頭にご用意致しております。

場所 CALLING BACKLASH
06-6281-8758

受注会でご予約はできますが
「CALLING BACKLASH」としては出来上がった現物を
試着して購入することが最良と思っております。
商品(写真)はサンプルですので、出来上がったものと、
革質、色が若干異なる場合がございます。

サンプルとは異なる場合がある。ということをご理解頂ければ、
ご希望のものをご自身でお選びできる機会です。
どうぞご利用下さいませ。

またご遠方のために、ご来店が難しいお客様で
2012 A/Wに興味のあるお客様はご連絡下さいませ。
ご案内させて頂きます。

受注会はこういう方に向いています。
XXS,XS,XL,XXLのサイズ。
既製品でサイズが合わない。(サイズ調整致します)
レディースラインの「ballet」
ぜったい手に入れたい。

受注会期間中はメールの返信が翌日になることもございます。
ご了承下さいませ。
お急ぎのお問い合わせはメールよりお電話の方が確実です。







2012/03/25  バッグ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

今日届いた大きいバッグ
学生アルバイトの上間くんに持ってもらいました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

リネンとレザーのコンビです。
大きいトートバッグですが、軽いので普段使いにもよいと思います。


届きました。
1248-01 ガーゼチェックシャツ
185-01 チェコ軍ボンサックバッグ
337-02 別注グィディコードバン財布






2012/03/24  ご来店のお客さま。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

2年ほど前にお買い上げ頂いたドイツカーフのダブルライダース

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

パンツは別途の白デニムブーツカット

お客さまの腕時計はパネライです。
30代になった頃、買われたそうです。

時計は時間を知るための道具だと僕は思います。

時間を知るためだけであれば、高級な時計も、
安い時計も携帯電話も、どれを使っても同じです。
しかも機械式時計(一般的な高級時計)より
クオーツ時計や電波時計の方が時間に正確です。
それでもパネライをつけるということは、時間を知ること以上の
何かがあるんだと思います。

時計に対する共感とか、つけた時の気分、気持ちとか。

それをつけて、またがんばろうとか思えたら、いいですよね。






2012/03/23  ご来店のお客さま。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

12月にお買い上げ頂いたイタリアンダブルショルダーのシングルライダース
着る回数は多くないので、まだ馴染む途上です。
でもアームのシワはダブルショルダーならではの、
くっきりシワが入り形がよかったです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

バックボーンのパンツにウエスコのブーツ。
ウエスコのブーツ一度オーダーしたのが出来上がったけど、
出来上がりを待ってる間に好みが変わって、
さらにもう一度オーダーされたそうです。
待ってる間に好み(気分)が変わることはあると思います。
それに合わせて新しく買うのも、手持ちのものを好きになる努力をすることも
どちらもあると思います。


届きました。
1253-02 カーフクローム下地/天然ログウッド製品染めシャツ(GRAY)
1277-01 カーフリターンタンニン/天然ログウッド製品染めシャツ(BROWN)






2012/03/22  お客さまからのメール。


先日メモに掲載させて頂いたお客さまからメールが届きました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

今日はBACKLASHについても色々とお話を伺えて
2着目をどうするか嬉しい悩みができました。
自分の中でイメージを膨らませた後で、
また試着させていただきたいと思います。

今日着ていたBACKLASHのライダースやブーツもそうですが、
購入当時に心底良いなと思ったモノは本当に永く使わせて頂いてます。
何故か飽きない。しばらく着ない時期があっても、
またすぐ着たくなる、そう思わせてくれる魅力、強い思い入れがあるんだと思います。

そういった永く付き合えるモノを
これからも少しずつ増やしていきたいと思っています。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

お客さまのメールにあるように着ない時期もある。
でもまた着たくなる。
そう思わせてくれるモノには、早々出会うはわけではないと思います。
そんな風に思えるものが身の回りに増えていけば、
自分自身が楽しくなるように思います。






2012/03/20  やり過ぎない。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ご来店のお客さま。
バックラッシュを知って3ヶ月くらいです。
東京から実家の淡路島に帰り、東京に帰る途中にお立ち寄り頂きました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

上下バックラッシュですが、ストールを入れることでぬいてます。
やりすぎになっていないです。
重ねたり、やり過ぎたりすることより、
ぬいたりすることの方が難しいように思います。
カンガルースエードパンチングシャツお買い上げ頂きました。






2012/03/19  2着目。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

大阪に出張の際にはご来店くださるお客さま。
(以前は大阪にお住まいでした)
着ているライダースは21才の頃、買うつもりがまったくなかったのに
袖を通したら鳥肌が立って買わずにはいられなかったバックラッシュのライダース。
今から5〜6年ほど前です。
その頃はお客さまはまだ学生でかなり気合いを入れてのお買い物でした。
今は社会人でそろそろ2着目買おうかなとお迷い中。
ライダースの中は薄手のサマーセーターにフィナモレのシャツ

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

写真ボケしまいました。
パンツは前回ご来店の時にお買い上げ頂いたイタリア製のカーゴパンツ。
ブーツは7年ほど前にお買い上げ頂いたものです。
永く付き合えるものって、やっぱりいいですね。






2012/03/18  春。


少し暖かくなってきました。

だからかわかりませんが、お客さまの買われるものも
明るい色めを選んでるように思います。

きれいな色のフィナモレのシャツを初めて買ってみたり。

春って季節は何かにチャレンジしやすい季節かなと思いました。
これが冬だったら、また違っていたと思います。

これから暖かくなって行く
春って感じる風
春夏秋冬の始まり

何かを始めるには、春はよい季節なのかもしれません。


届きました。
1255-02 白鞣しカーフスエード ベスト
1260-02 ディアスキン絞り染め シャツ






2012/03/17  イタリアンダブルショルダー。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

追加生産分届きました。
イタリアンダブルショルダー
シングルライダース(1254-01)

これで2012S/Sのライダースはほぼ入荷致しました。






2012/03/16  ご来店のお客さま。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

一、二ヶ月に一度、香川県からご来店のお客さま

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

今回はブラックストレッチパンツをお買い上げされました。
試着してみると、思ったよりストレスフリーでらくなのと、
ポケットに手を入れた時がいい。と。
スラックス仕様だから手を入れるポケットが
デニムなどのカジュアル仕様ではなくフォワードセットポケットです。
名前を書くと仰々しい感じしますが、
簡単に言うと、ポケットがななめにまっすぐ。
だから手を入れやすいです。
スーツのパンツを想像してもらうといいかもしれません。


届きました。
1259-02 カンガルースエードパンチング カーディガン(PINK)
1277-04 カーフリターンタンニンダブルライダース(M)






2012/03/13  日差しの色や季節感。


毎シーズン自身が気に入ったものをお買い上げされるお客さま。
バックラッシュは初期のころから着て頂いてます。
バックラッシュに限らず他のいろんな服、ブランドも着てこられたお客さま。
今日は「今」 かぶれる帽子がほしいとご来店。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

バックラッシュのコットンハット
「これは目がわりと広いから、かぶるには今はまだ早いなぁ。」

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

このケンマ草のハットは先日お買い上げ。
「でもまだ時期的にかぶるのは早いんだよ。
あと一ヶ月半は先になるかな。」

coeur

色違いのケンマ草ハット。
「これは完全に夏だよね。
わりと白っぽいベージュ。
いいんだけど、今日探してるのは「今」 の日差しの色でかぶれる帽子だから。」

coeur

こちらはcoeur(クール)のハット
「紙のハットだから季節的にはいいんだけど。
さっきのバックラッシュのベージュよりは色が濃いのと
目が詰まってるから夏過ぎないしね。
今かぶれるんだけどねぇ。
どうしようかなー。」

coeur

ブラウンは秋から冬にかけてはいいんだけど、
僕は春から夏にかけてはブラウンはかぶらないんだよなー」。

coeur

「紙でブラックはいいね。
コットンもいいけど。
今インポートで多いのはラビットの毛足短いのだったりするから。
そこから急にパナマハットになるでしょ。
ヨーロッパだったらそれでいいんだろうけど、日本には春があるからさ。
今日はcoeurのベージュとブラックをもらおうかな。」






2012/03/12  イベントのお知らせ。


2012/03/30
東京でイベントあります。
「ISAMU KATAYAMA = ARTISANAL LIFE」 同時上映です。
(画像をクリックすると大きな画像になります)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH







2012/03/11  初バックラッシュ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

永く着ることが出来る革ジャンがほしいと思って
ネットで探していてバックラッシュを知った。

写真で見て、黒のライダースいいなと思ったんですが
着てみるとまた違うもんですね。

写真のドイツカーフのダブルライダースをお買い上げで
そのまま着て帰られました。


届きました。
1248-01 二重ガーゼチャック柄 シャツ
1259-01 カンガルースエードパンチング シャツ(PINK)
1259-02 カンガルースエードパンチング カーディガン(BLACK)
1259-03 カンガルースエードパンチング ライダース(PINK)
1255-03 白なめしカーフスエード ライダース(Sサイズ)
540-01 カーフサイドジップ ブーツ
367-01 ディアスキン キーホルダー






2012/03/10  お客さまコーディネート。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

最近バックラッシュを知ったお客さま。
ライダースにストールがいいですね。
ハードさが中和されます。
おしゃれを意識しだしたのも、今年くらいから。
それまではジャージなどで、服装に気をつかったこともなかったし、
着たい服なんてのもなかった。
でも今は自分の「着たい」 と思える服があるので休日が楽しみです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

リングヂャケットのジャケットにディアーナのパーカーをお買い上げ。
今まで黒しか着なかったのに、最近色ものやジャケットもいいなぁって思えます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ウエストホルダーは付けると、そこそこ下の位置になります。
ジャケットを着ていても、ちゃんと見えるように作っています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

一年ほど前にお買い上げ頂いたダブルライダース。
昨年末にもメモに掲載させていただきました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

腕のところの革がお客さまの形になって、革のよさが出ています。
お客さまはメンズの服が好きなのでこれまでパンツしか穿いていませんでした。
でも今日は穿いたことのないスカートを初めて穿いてご来店でした。
初めてのことにチャレンジ中。
新しい世界を知るためにバイブリーコートのブルゾン本日お買い上げ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH







2012/03/09  カンガルースエードパンチング。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お店には時々学生アルバイトがいます。
井須ちゃんは何度かブログにリンクを貼ったことがあるので
知ってる人もいると思います。
上間くんという学生アルバイトもいます。
今日は届いたばかりのバックラッシュを着てもらいました。

革の表情を撮りたかったのですが
写真が暗すぎて表情がわかりにくいですね。

このカンガルースエードパンチング期待通りよい仕上がりになっています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

パンツはミリタリークロス

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ブーツはカーフスエードのバックジップブーツ

上間くんは身長172cm、体重61キロです。
シャツ、パンツ共にMサイズ着用。

上間くん昨日は学校でした。
帰りにコーリングのメモを見ると「狂い咲きサンダーロード」のことが。
映画のことは知らなかったけれど、急いで元町映画館に行ったそうです。
小さな映画館なので、なかなか見つけれなくて、
走って汗だくで何とか間に合ったそうです。
映画を観た感想を一言書いてもらいました。

自分もバイクにまたがって風切って走りたくなる、そんな気持ちになりました。(上間)

何か初動みたいなものが自分の中に芽生えるのかもしれません。
あの映画にはそんな力があると僕は思います。
上映は今夜限りです。
行ける方はぜひ。


届きました。
1259-01 カンガルースエードパンチング シャツ
182-01 BACKLASH+GILD+Dhyana メッセンジャーバッグ






2012/03/08  狂い咲きサンダーロード。


石井聰互監督が1980年に撮った映画
「狂い咲きサンダーロード」

今から32年前の映画。

僕はこの映画を知りませんでした。
知ったのはほんの一週間ほど前です。

昨日観てきましたが、まだこの映画をうまく言葉で表すことが僕には出来ません。

映画の内容がどうこうと言うより映画を観終わった後、
自分の中に残った(もしくは芽生えた)感情と言うか感覚というか。
熱の塊のようなもの。
居ても立ってもいられなくなる、駆け出したくなるそんな気分です。

狂い咲きサンダーロードとバックラッシュは直接的には関係ないですが
その感覚というか、映画を観終わった後とバックラッシュに袖を通した時の気分。
それが同じような感じなんです。
一見関係ないようで、関係あると思います。

僕が何故映画を観に行ったかと言うと
3月4日に書かれた元町映画館スタッフブログを読んだからです。
一部抜粋

ちなみにこの日のお客さまで革ジャンは1名。
もっともっと革ジャンの方お待ちしてます!
(いや、特に割引とかがあるわけじゃないですが…)


これ見ると、行かないわけには行かないんじゃないかと。
もちろんライダース着て行きました。

映画館まで行って観る。というのはひとつの体験だと思います。
行くまでの気持ち、誰と観たか、どこで観たか、昼なのか夜なのか、季節は。
それらも含めて自分に残ります。
僕の場合、DVDで観るとそれがあまり残らないように思います。

元町映画館(神戸)で明日金曜までやってます。
上映は残すところ今日と明日だけです。
夜7時からの上映のみです。
狂い咲きサンダーロードはDVDでは観れますが
映画館で観れることは今後・・・正直ないと思います。
ぎりぎりまだ間に合います。






2012/03/06  写真大きくしました。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ご来店のお客さま。
今日は暖かかったので、ライダースではなくGジャンでした。
ちょっとポーズお願いします。とお願いして撮らせてもらいました。
ここ最近ではデニムの定番クラッシュGジャン
バックラッシュのGジャンの中でも一番タイトです。
ウエストがシェイプされてます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

服が浮かず背中に沿ってます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

パンツは本日お買い上げのストレッチブラックパンツ
(穿いてたのもブラックパンツでした)
ブーツはグィディのキャメルスエード
ベルトのベージュと色を合わせています。


昨日のメモ、共感しました。と何人かのお客さまからメール頂きました。
特に値段の高いものを買う時ほど、「これさえあれば」 と思ってしまいますよね。
その時は実際にそう思って着ていても、
その気分がずっとそこに留まってくれるとは限りません。
ファッションは10年で流行が一回りすると言われています。
10年前と言えば僕は24才です。
それよりも前に買ったパンツを(20才の時に買ったポールスミス)
最近はよく穿いています。
買った時は穿いてたけど1年くらいで穿かなくなりました。
それからタンスにしまったままでしたが、今年何故か穿きたい気分になりました。
(よくそれだけ長い期間捨てずにいたなと思います)

これさえあればと思って買って、
気分よく着る。
それが続くこともあれば、途中で気分が変わることもあります。
気分が変わっても、またぐるっと一周して(気分か服の方が)
また盛り上がって着ることもあります。

着なくなり、時間が経ち、また着ることが出来た。
そんな服はほんとに良質な服だけだと思います。






2012/03/05  これさえ。


これさえ買えば、もうレザーアウターはこれから買わなくていいだろう。

僕は初めてバックラッシュのレザーシャツを買った時にそう思いました。

これからはこの1着を着続けて行くんだ。と。

着続けていく内に、サイズ感が気になりました。

この1着さえ、と思っていたのに、他のものも着たくなりライダースも買いました。

モノが一生ものであったとしても、
自分の感性はそこにずっと留まっていないので、
違うものを着たくなるのはごく自然なことだとその時知りました。

と、書いておきながらも買い物の時は
今も 「これさえあれば」 と思って買うことが多いです。






2012/03/04  使用感。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

グィディコードバンの新型の財布をお買い上げ頂いて
まだ3日間しか経っていないのですが、
もう変化が出始めてます。
より黒が深くなっています。(写真右がお客さまのもの)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

こちらは1年前にお買い上げ頂いたダブルショルダーの長財布
新品とはもうまるで別物です。
カサカサに乾いてる革が潤った感じに見えます。
時々ラナパーで磨くそうです。(写真右がお客さまのもの)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

透明感のある黒色になってます。
グィディコードバンの新型財布をお買い上げに。






2012/03/03  お客さま。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ご来店のお客さま。
ブラウンのレザーにはインディゴのデニムもいいですが、
グレーのパンツを合わせた方が、大人っぽくなります。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

グレーのパンツですが、よく見るとチェック柄です。
無地ではないので、すっきりなりすぎていません。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

名古屋からご来店のお客さま。
コーディネート、バックラッシュ率が高いので(アクセサリーも含めて)
ハードになりすぎるのをストールで中和しています。
黒のストールではなく、黒のレザーには柔らかい色のストールを。
そうすると、印象がハードにはなりません。
今日はGジャンアンティパストの靴下をお買い上げに。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

細めのパンツをロールアップ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH






2012/03/02  どこから決めるか。


今日の大阪は雨です。

朝起きて雨だと、今日はどの靴履こうかな?と考えます。

服を着る時、コーディネートを考え始める時、
主体になるものがあると思います。
例えばライダースを着よう。と思ったらそれに合うコーディネーを考えるように。

晴れの日なら、その時、着たいものを中心に考えます。
服かパンツ、靴下、靴など、中心になるものが変わりますが
雨の日は靴から決めていきます。

雨の日にスニーカーは履きません。
水を吸収しやすいので。
雨の日に履くのはバックラッシュのブーツか
オールデンのスエードチャッカーブーツです。

バックラッシュのブーツで使われる革は靴屋さんの靴の革より堅牢です。
雨でも気にせず履くことが出来ます。
ただ、革靴全般に言えますが、水が染みると色が靴下に移りやすいので、
白の靴下はなるべく控えています。

オールデンのスエードですが、
オールデンに限らず、スエードは表革の靴に比べると
雨を点ではなく、面で受けとめるので、表革に比べると
スエードの方が雨の日向きです。
汚れも落としやすいので、雨の日も気にせず履いています。

防水スプレーすると水をかなり弾くので、後の手入れがらくです。

靴が決まると、次はその靴にあったパンツを選びます。

男のワードローブで持っていなきゃまずいんじゃない?パンツ3本と言えば、
グレーのウールのパンツ
インディゴのデニムパンツ
ベージュのチノパンツ
この3本でしょうか。
少なくともこの3本があれば着こなしにも幅が広がります。






2012/03/01  何かある。


先週の木曜日は東京に出張でした。
それが目的だったのではないのですが、
あるメーカーでレザーウェアを見ました。
(そのメーカーに置いていたので偶然です)

雑誌、レオン、サファリ、センスなどに掲載されているブランドです。
とても着心地がよく、よく出来たレザーアウターでした。
裏地がボンディングされており、しかもストレッチが効いてるものもあります。
レザーなのに、ストレッチデニムのように革が伸びます。
価格はバックラッシュと同じ程度です。

ここからは個人的に思ったことです。
このレザーアウターはよく出来ています。
軽く、薄く、着やすい服です。
製品として安定もしてそうです。
でもグッとは来なかったです。

比べてバックラッシュは、
着心地はけっしていいとは言えないし
(着てれば体にフィットしてきますが)
1着1着サイズも同じではないです。
ある意味不完全とも言えます。
僕は服には、(服以外も自分の周りにあるものは)
完璧、絶対、100%を求めてしまいますが、
その自分は?と言えば、矛盾があり、失敗もあり
完璧にはほど遠いです。
バックラッシュの服って完璧すぎないところ、
ちょっと隙があるようなところがいいのかもしれません。
いい服とグッと来る服はまた別の服なんじゃないかなと思います。
バックラッシュにはグッと来る何かがあるんだと思います。


本日届いたダブルショルダーの長財布、今日届いた分の画像すべて掲載しました。
318-12 2012S/S 入荷分

長財布はこれまで318-03の財布に比べると少し柔らかめでした。
それが今回は318-03と同じ程度のがっしり度です。
「ダブルショルダー」 って感じがします。

長財布は二つ折りに比べると、スマートに見えます。
スマートに見える長財布を、スマートの真逆の革で作っているところが
ダブルショルダーの長財布のおもしろいところです。


届きました。
318-04 ダブルショルダー3ピンベルト
318-12 ダブルショルダー長財布







02月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998


line


Copyright (C) CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.