ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2009/12/30    今年一年ありがとうございました。

今日から1月2日(土)まで休業致します。

新年は3日(日)12時より通常営業致します。

このMEMOもお休みさせて頂きます。

僕は休みになりますが、
その間も働いている方がいるんですよね。
そういう方がいるので、どこかに移動ができますし
食事や寝泊まりもできます。
とてもありがたいです。ありがとうございます。

今年も一年が過ぎようとしています。
「CALLING BACKLASH」は、人と人を繋ぐ場所だったような気がします。

今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

よいお年をお迎え下さいませ。





2009/12/29  いろんな着方。

昨日に引き続きご来店も多いです。
ご来店のお客様はタイプの違う幅広い着こなしで、
バックラッシュなら「これが正解」というのがない。
ということを教えて頂いております。

例えば
エンジのスエットにインディゴのデニム、白のスニーカー。

シングルライダースに、薄手の黒のカットソー、黒の細身のパンツ、黒の靴。

ハット、スタジャンに黒のデニム、黒ブーツ。

シングルライダースに太めのロールアップしたパンツ。アーガイルの靴下にスニーカーは白。

ダブルライダースにグレーのスラックス。スエードのチャッカーブーツ。

ファーのブルゾンにローゲージのマフラー。ざっくりとした生地感のある太めのパンツに黒のブーツ。

少し書いただけでも人それぞれに着方がありますね。

それは無理、ださい、かっこわるい。というよりも
そういうのもいいねー。それもありだよ。と肯定できる方が
うれしく、温かい気持ちにさせてくれます。
そういう方面に「CALLING BACKLASH」は向かいたいと思っています。





2009/12/28  休みなので。

ご遠方からのお客様も足を運んで頂きうれしく思います。
近くのお客様もお休みでしたら、
ぜひ作品を体感しにいらして下さいませ。





2009/12/27  ストレートとブーツカット。


新型のクラッシュデニム、ストレートブーツカット
試着してもお客様はどちらにするか迷われます。
(違いがあることでより迷われます)

ストレートの方が、もっさり感があります。
ちょっと土くさい感じ。
クラッシュ加工はしてますが
いわゆる「バックラッシュ」の世間的なイメージとは違うものと思います。

こういうものを作っていく精神ってすごいことと思います。
売れる、売れないは別にして、チャレンジしてる、ノックしてる感じを受けます。

このストレートはサスペンダー付けれるようにしているので
夏はこのパンツにサスペンダー
そして白シャツ(袖ロールアップ)にハットかハンチング帽。
ちょっとフランクリーダーっぽい感じ。いいかなぁと思います。

ブーツカットストレートより受けがいいと思います。
(実際、今日だけでよく売れました。)
普通に収まりがいい感じです。

いつもより、ストレートブーツカットに違いを出してきたのが
おもしろいところです。

バックラッシュのデニムパンツに興味のない方も
一度、インディゴ染めのカーフレザーを見て下さいませ。
いい色してます。


届きました。
1133-02 デニム
(もうLのみになりました。)





2009/12/26  比べてみました。


昨日届きました
1133-01 デニム1105-01お客様に穿いて頂いて比べてみました。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

こちらは1105-01サイズはSです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

こちらが新型で受注会の時から人気のあった1133-01
サイズはXSです。


新型はワンサイズ下なのに、それでも太ももあたりは大きいです。
(写真でみるより太く見えました。)

すっきり、シャープに穿きたいなら1105-01
ライダースでタイトに着ているので、パンツはあえて少しちからをぬく。
そんな方には1133-01をおすすめ致します。




届きました&写真掲載しました。
92-05 ウエストホルダーの大
1133-01 デニム





2009/12/25  サンプルよりいいもの



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

けっこうな数量でした。

昨日書いたように写真はとれませんでした。
明日掲載致します。

上のライダースの他にデニムパンツ
ウエストホルダー届きました。

デニムパンツは春夏の新型ですが、
受注会の時から、お客様の反応がよかったです。

何より、今回サンプルよりいい物ができた。と言いきれます。
インディゴに染めたレザーもすばらしいものですし、
仕上げもよかったです。

明日はウエストホルダーの大きい方が届く予定です。





2009/12/24  History of CALLING BACKLASH


CALLING BACKLASHの歴史を「初めての方へ」に記載しました。


1998年 people have the power オープン
オープンからCOMPOSITIONを取り扱う。
同デザイナー片山氏が2000 S/S コレクションより
「ISAMU KATAYAMA BACKLASH」としてデビュー。

2005年、東京に次ぎISAMU KATAYAMA BACKLASHオンリーショップ
「CALLING BACKLASH」オープン

2008 「CALLING BACKLASH」Webサイトオープン

現在に至る。



COMPOSITIONのバッグが映った写真を
>>people have the power「HOT」の方に掲載しました。
バックラッシュが好きな方なら、一度は見てほしいと思います。


届きました。
1104-01b ブラックパンツ
昨日届いていましたので、サイズがもうMしか残っていません・・・すみません。

もうひとつ先にあやまっておきます。
明日は、色々とけっこうな数量が届く予定です。
バタバタして入荷分は写真掲載できないかもしれません。





2009/12/23  ダブルショルダーのライダース。



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ダブルショルダーのライダース。
約3年前のものです。
数量はかなり少ないのではないでしょうか。
値段も少し高かったですし。
映画「イサム カタヤマ=アルチザナルライフ」で
作っていたシーンで映っていたライダースはまさにこれです。

ダブルショルダーはバックラッシュを代表する革のひとつです。
よく、この革でライダースを作ったなと。ほんとに思います。
どこにもないものです。
ギョッとするようなもの。

艶もでて、いい表情でした。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

これは赤に一度染めた後、黒に染めているので
黒が入りきっていない縫い目のあたりは
写真のように赤色が見えます。

赤の上に黒を染めると、黒でもより黒に見るようになります。
限りなく黒に近い黒。ではなく、ド真ん中の黒。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

オレンジに黒のライダースと比較してみました。
黒の違いがわかるかと思います。
一言に黒。と言っても、その幅はかなりあります。





2009/12/22  年末年始のご案内。


年内30日(水)18:00まで営業

31日〜2日まで休業致します。

3日(日)から通常営業致します。


届きました。
352-06 BK×WHT ROLL CAP
500-01 ダブルショルダーエンジニア
KHAKIのエンジニアブーツ・・・ものすごくいいので
おすすめしたいのですが、その間もなく完売致しました。





2009/12/21  きっかけ。


何年か前にテレビで武田真治がライダースを着ていた。
それは背中にROLLと書かれていた。

バイクに乗っていたので、あのライダースかっこいいな。
と思って、「ROLL」で検索してみた。

そしたら、バックラッシュに行き着いた。
どうしてもほしくて買ったのが、そのライダース。
今も着ています。

武田真治が着ていなかったら、
出会っていなかったかもしれません。

お客様より





2009/12/20  LOVE LETTER。


手紙を書く。という行為。

最近、いつ書いたかな?と思いだしてみても
思い出せないほど、前になるような気がします。

今はメールがほとんど。
だから書いてみました。
LOVE LETTERを。


姉妹店で「LOVE LETTER」というイベントを本日やったのですが
そのHPにLOVE LETTERを掲載しています。

今日、お客様から書いて頂いたLOVE LETTERも
後日掲載していきます。

「CALLING BACKLASH」でバックラッシュへの想いを話てくれたり、
メールで送ってくれたりもLOVE LETTERですよね。
これまでにもこのMEMOでお客様からのメールを掲載しましたが
LOVE LETTERサイトにも掲載しようかなと思っています。

今は6通ほどのLOVE LETTERですので
ぜひ全て読んでみてください。
僕のも何ページ目かにあります。
>>LOVE LETTER




明日は本町クラブ、忘年会&クリスマスパーティー。

大阪ムジーク

12.21 MON. START 21:00
ONE DRINK 500 NO CHARGE

場所 BAR CAULIFLOWER
大阪市中央区西心斎橋2−8−33
大阪センタービル B1F
tel 06-6212-3466

いつもの「大阪ムジーク」イベントは来年2月ごろになると思います。

お時間のある方はぜひ遊びに来て下さいませ。





2009/12/19  プレゼント。


昨日入荷したROLL CAP写真撮りました。
352-06 BK×BK ROLL CAP

最近は彼氏さんにプレゼントを探しているお客様も多いです。
プレゼントっていいですね。
クリスマスにしろ、誕生日にしろ、何にしろ。
一生懸命選んでる姿を見ると、プレゼントって
ほんとに気持ちがこもってるな。と感じます。

「モノ」以外のその背景にある行動や感情。
そこまで込みでプレゼントなんだなぁと思います。

そういう大切なものを送るときに
お手伝いができて、うれしいです。





2009/12/18  取り急ぎA。


昨日入荷したブーツ写真撮りました。
529-03 BLACK
ドイツバファローカーフオイル加工 ブーツ


2009 A/W がまだすべて出来てないですが
2010 S/S 届きました。

318-04 3ピンベルト
352-06 BK×BK ROLL CAP 他色は後日入荷予定

ROLL CAP写真明日にでも掲載致します。





2009/12/17  取り急ぎ。


すみません、今日も時間がないのでご連絡だけ
秋冬もので、入荷がございました。

529-03 BLACK
ドイツバファローカーフオイル加工 ブーツ
けっこう触り心地もいい革です。

写真はまた、明日にでも。




2009/12/15  こんな技法。


バックラッシュではありませんが、
>>こんな技法の革小物もいいな。と思っています。

いろんな革の種類があって
いろんな技法があります。
組み合わせは、ものすごくあるかと思います。

バックラッシュだけ好き。というのよりも
他のものも知っているけれど、バックラッシュが好き。
という方が深みがあるような気がします。

今日はあまり時間がないので、この辺で。





2009/12/14  新旧。



イタリアンキッド コロンビアキッド

写真左が今年秋冬のイタリアンキッドのブルゾン。
右は3〜4年前のコロンビアキッドのブルゾン。

写真ではわかりませんが、
イタリアンの方が、タイトにできておりました。
コロンビアをお持ちのお客様は、カットソーにこのブルゾンを着ると
肩でカットソーが引っ張られて、気持ちよく着れない。
と言うことで、僕がシャツの上から、着させて頂きましたが、
シャツが引っ張られる感覚はなかったです。

インナーの違いなのか、体系の違いなのかわかりませんが
そういうこともあるんだな。と実感しました。



イタリアンキッド コロンビアキッド

毛の色がコロンビアの方は真っ黒です。(光の加減で白く光って見えますが)
イタリアンはグラデーションかかっていますね。
使うファーの種類はその都度、異なることが多いです。
それは、その時に、手に入る良質なものを使うからです。

大きく言えば同じキッド(子山羊)ですが革の雰囲気も違いました。
イタリアンの方が、しっとり、ざらっと。
子山羊のもつシボでわずかに光っても見える。
そんな感じです。





2009/12/13  あるカスタマーの声A。


昨日MEMOに掲載致しましたお客様に商品が届いたようです。
そのご連絡がありました。



本日届きました。

待ちに待った瞬間でした。

見た瞬間からオーラが違うなと感じました。

加工、デザイン、サイズ感、ジッパーの配置等、全て最高でし た。

バックラッシュを好きなあまり盲目的になっているかもしれませんが、
完成度の高さに感服しました。

バックラッシュの製品は、ブランドのネームバリュー等ではなく、
一目見た瞬間に何か心に訴える魅力があると思います。

バックラッシュのライダースに負けないように
着こなしたいと思います。

拘りのあるバックラッシュの製品を身に着けると、
気持ちがシャキッとする感じがします。

ボールペンまで頂いてありがとうございました。

バックラッシュには言葉では言い表せない確かな
何かがあると思います。

今回の買い物は服による満足だけではなく、
通常は通販では感じれない接客の温かさを感じる事ができ
非常に心に残る買い物になりました。

本当にありがとうございました。




ご予約頂いているお客様へ
ご予約順でお渡し致しております。
1097シリーズ(追加分ご予約)は今月中にお渡しできるかと思います。





2009/12/12  あるカスタマーの声。


この日が来るのを非常に楽しみにしていました。

ダブルライダースには昔からずっと憧れがありましたが、
野暮ったいものや、いかにもバイカーっぽい感じの物しか無かったから
購入を控えていました。

バックラッシュと出会ったのは数年前で
そんなに昔から知っているわけではありませんが、
当時はデニム等もなくレザーの製品しかなく、
初めて見た商品はノースリーブのライダースでしたが、
夏の暑い日に一体誰がどうやて着るのか想像も出来ませんでした。

その後ダブルショルダーのブーツの美しさと武骨さの見事な調和に
一目惚れをしてからどんどんと、バックラッシュの魅力に引き込まれていきました。

色々なブランドのレザー物を購入していた時期であり、
バックラッシュのレザーこそ本物だと肌で感じとれました。

バックラッシュは男気を感じるというか
オーラが違うなと思いますし、
同じ価格帯でもバックラッシュは日本製、
他ブランドは中国製等というだけでもすごい差を感じました。

そしてバックラッシュのバッファッローのダブルライダースを
見た時から、いつかは絶対にバックラッシュのダブルライダースを
購入しようと思っていました。

今回のライダースは非常に完成度が高く絶対に購入したいと
思い予約させてもらったのです。

バックラッシュの製品は、非常に拘りを感じますし
クオリティーの高さに対して価格も良心的だと思います。

「ISAMU KATAYAMA=ARTISANAL LIFE」を観に東京に行った時です。
終了後にトークショーがありその時に片山さんに握手を
してもらったのですが、非常に気さくで暖かい人だなと感じました。

非常に志の高いブランドの服を着ると、
自分まで変われた気がして不思議です。

いつまでも孤高のブランドであり続けて欲しいです。





「CALLING BACKLASH」ステッカー出来ました。
ご希望の方は、お店にてお渡し致します。





2009/12/11  本町クラブ。



大阪ムジーク

12.21 MON. START 21:00
ONE DRINK 500 NO CHARGE

場所 BAR CAULIFLOWER
大阪市中央区西心斎橋2−8−33
大阪センタービル B1F
tel 06-6212-3466

いつもの「大阪ムジーク」イベントは来年2月ごろになると思います。
今回は忘年会&クリスマスパーティー

お時間のある方は一緒に遊びに行きましょう。





2009/12/10  前回のお客様。


8日に書いた、お客様のご予約分が届きました。

土日が仕事休みなのですが
それまで待てず、8時頃ご来店されました。

シングルライダースをご購入。
サンプルをご試着頂いておりましたが、
「やっぱええわー。待ったかいがある」と、おっしゃって頂けました。

ダブルライダースも見て頂き、
今までは、「ダブルライダース」そのものに関心がなかったけど
これは着たいなぁ。と思う。
それだけええね。

このダブルライダース、誰が買うのかわからないけど、「その後」が気になるね。
病院で見る、よその赤ちゃん見てる気分になる。
この間まで小さかった娘さんも、もう18歳。
時間が過ぎていくのは、あっという間。
このライダースもどんな運命辿るか、それも楽しみです。


>>337-01 1個のみ届きました。
来シーズンは出ないアイテムです。
グィディコードバンの革はその都度、革の柔らかさが異なります。
このカードケースは手に吸いつくような柔らかさです。
今日届いたものは写真撮っていません。
曇りで色みが思うように写真にでなかったので。
また、いい天気の日に写真撮ります。
2009/12/12 写真追加しました。





2009/12/08  やっと買えた。


あるお客様。

毎年ライダースがほしくて、探し回った。

気に入ったもの、欲しいものが見つからず、結局毎年買えなかった。
これでいいか。と妥協して買うこともなかった。

そして、バックラッシュと巡りあった。
届くのが、待ち遠しくて、わくわくするし、
まだ届かないのかな。と、そわそわもする。


わくわく、そわそわする気持ち。
待ち遠しくて、でもその日を迎えるのがドキドキする感覚。
初めてのライブに行く時や
初めてデートする時のような感覚。

そういう気持ちも込みで「買い物」だと思っています。





2009/12/07  あるカスタマーの気持ち。


メールで頂いたお客様の率直なお気持ち。


それにしてもBACKLASHはすごいブランドですね。
ある店頭でカーフタンニン二段製品染めのダブルライダースを見て衝撃を受けました。
その商品を見て初めてBACKLASHを知りました。
多くのブランドが競ってたくさんの商品を出す時代なので
残念ながらどこも似たりよったりな商品になってしまっていると思うのですが、
商品を見ただけでこれほど違いがはっきりわかるのも今時めずらしいと思います。

差別化できるのは、1にも2にも手間ヒマかけた手作りだからではないかと思います。
BACKLASHは今は熱狂的ファンのブランドだと思いますが、
いつかもっとメジャーなブランドになってほしいと思います。
しかし、そのときに今の質感をどこまで維持できるのか。
それを失うくらいなら、今のままの圧倒的にタマ不足のプレミアムな
ブランドのままのほうがいいかなとも思います。
片山さんに「事業の拡大」という意識がおありなのかどうかわかりませんが、
「手作りの革」と「量産」というのが成り立つのかどうか。。。
BACKLASHのようなブランドは他にないですね。
映画も見に行きました。

当方小柄なためダブルだと着られてしまう感じなので
結局同じののシングルを買ったのですが、とても気に入っています。
たいていのライダースは大きすぎて(特にインポート)着れないのですが、
小さめにできていて、ジャスト(というかタイト)に着れるのがうれしいです。





2009/12/06  バックラッシュと盆栽。


盆栽。
僕はやったことがないです。
盆栽。
やってみると、深い世界のようです。

盆栽はこういう風に育てばいいな。
と思って、カットするそうです。
そしてその結果がわかるのは半年後。くらいだそうです。
(種類により違いはあるかと思います)
半年後、自分のこうなればいいな。と思ったようになることは
ほぼないそうです。
そして、そう育ったものをいい、わるい関係なく
受け入れるしかないそうです。

おもしろいですね。
植物ですから、自分の思ったようには簡単にはならないんです。
そこがおもしろく、魅力を感じます。

そのお話しをお客様から聞いて、バックラッシュにも近いものを感じました。
例えば、バックラッシュも着丈、長い方がいいな。
と思っていても、自分の理想とするものとは異なる場合が多いです。
革もこう育つかな。と想像しても違った感じになることもあります。

それが、またたのしく、次はどうなるのか?
またやってみよう。と気持ちを持たせてくれるかと思います。


昨日のpeople have the powerの「HOT」見た人いますか?
革が好きな方には一度読んでみてほしいです。
バックラッシュが好きな人にこそ、見てもらいたい「モノ」なのです。
このフランクリーダーのレザージャケットは入荷しても写真は掲載しません。
もし、掲載しても、いつものように、ほんの一部分だけです。
>>people have the power 「HOT」へ





2009/12/05  プレゼント。


クリスマスも近くなりましたね。
こういう時期にはいつも女性に何をプレゼントするか悩みます。
バックラッシュが好きな女性はいますが、少数です。
バックラッシュをプレゼントするには・・・。

レザー好きで、こだわりのある「モノ」が好きな方
女性が好きそうな、そしてモノ作りに対する姿勢はバックラッシュと同じ。
>>そういうものがあります。


見ました?
どうでしたか?

当然雰囲気はバックラッシュと異なりますが、
緻密 繊細 ハンドメイド クオリティの高いもの。
今まで見たことなかったようなもの。です。
革と革の間に生地があり、それが一種類の生地ではなく、様々な生地で出来ているところ。
商品ではなく、画家の絵のような「作品」に近いものを感じます。
僕が女性なら、こういう気持ちのこもったモノを持ってみたいな。と思います。





2009/12/04  バックラッシュ以外。


バックラッシュ2010S/Sご予約にご来店のお客様。
ご希望のものをご予約。

それ以外にもpeople have the powerで、マドラスチェックのシャツをご購入。
バックラッシュだけではなく、他のものと組み合わせると
より、バックラッシュの個性も、自分の個性も表現されます。

レザーウェアに、このバッグ。
こういうのも大人っぽいですね。





2009/12/01  共通。


バックラッシュが好きな方に共通することがあります。
それは、他のブランドが好き。という方に比べ
圧倒的に、好きの度合が強烈です。

すごく好きだから、人に伝えたくなる。
お客様から、ひしひしと伝わります。

いつか一人一人が自分の愛着のあるアイテムを持ち寄り
みんなでそれもいいねー。こっちもいいねー。と集う
「俺のバックラッシュ」みたいなこともやりたいです。
そういうのやってみたくないですか?
きっとたのしい時間になると思うけどなー。






11月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998



line


Copyright (C) 2008 CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.