ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2010/04/30    届きました。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH



届きました。
345-02 グィディオイルカーフ長財布
368-02 オイルクロコバック 長財布
500-01 ダブルショルダーエンジニアブーツ





2010/04/29  変化。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

337-09 BLACK
グィディコードバンの財布です。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この財布を購入されたひとりのお客様の現在の状態です。
約一カ月程度使用しておりますが
新品の時のGRAYっぽい色が底光りするようになりました。
さらにより、黒になっていくのではないでしょうか。

現在完売しておりますが
2010 A/Wでも入荷致します。
(BLACK , BROWN)





2010/04/27  ブーツのカビに関して。


お客様からご相談のメールを頂きました。
以下そのやりとりになります。



BACKLASHのキャメルリングブーツにカビが生えてしまいまして、
一度ブラシで拭き取ったのですが、また生えてきてしまいます。
原因は恐らく雨の日に履いて、
そのまま玄関に置いておいたために連日の天候不順で
カビが生えてしまったのではないかと思っております。
何か対処の方法やカビ後のケアの方法がございましたら、
アドバイスをいただければと思います。

参考に写真を添付いたします。
カビ(???だと思います)は
ちょうど両サイドのソール付近に白く生えています。
(2足とも同じ場所です)


ISAMU KATAYAMA BACKLASH



おっしゃるように、雨に濡れて、(けっこう濡れましたよね)
新鮮な空気でしっかり乾かさなかったことに
原因があるのではないかと思います。
水は重力で下に落ちますので、
写真のように、革の下の箇所にカビが繁殖してるかと思います。

多少の濡れは気にしなくてもいいかもしれませんが
やはり、革靴が濡れると、中に新聞紙を詰め
2〜3日陰干ししたいものです。

予防として雨の日には防水スプレーをたっぷりとかけてから
お出かけするのがいいですね。
僕自身は防水スプレーをかけるので、
新聞紙を詰めるほど靴が濡れたことはありません。
表面についた雨水は乾いた布で拭き取ります。

カビは一度繁殖すると、その根を断ち切るのは
ほぼ不可能に近いです。

表面のカビを柔らかい布で乾拭きして、
一見とれたようでも、またカビが見えてくるかと思います。

完全な対処方ですが、ないように思います。

東急ハンズなどで、道具を買って自分でやるのもいいですが
靴修理屋などで靴の丸洗いが、一番早い方法かもしれません。
その場合、水に通すので色は多少落ちるかと思います。
修理屋によって異なると思いますが、
使う水は「強酸性水」と言うものです。
メンズブーツだとおそらく、4000円〜5000円程度ではないでしょうか。
しかしこれでも、カビを完全に除去する。というのは難しいと思います。
一度は消えますが、また表面に現れる恐れはあります。

「強酸性水」と言う名前の通り、
カビの菌は酸性に弱いので、お酢などで拭きとる方法もあります。
この場合もブーツの色が落ちることがありますので
目立たない箇所で一度試してから、実際に拭いて下さいませ。

カビがそれでも取れない場合は、顔料などの染め処理で対応する。
という方法もあるかと思います。
(これはやったことがございません。)

上記の通りカビは正直、やっかいです。

繁殖しないように、防止するのが最善かと思います。
長く保管するよりは、まめに使って新鮮な空気に触れさせる。
柔らかい、乾燥した布で乾拭きすることで
革を常に清潔に保ち、カビの栄養源を断つことにも効果があります。
乾拭きは革の表面の汚れとともに、湿度も除去できるので
習慣にしたい行為です。(ブラシでもいいですね)

長く保管する場合はオイルなどを入れると
よけいカビが繁殖しやすい状態になりますので
クリームを落とした方がよいです。

カビの除去の仕方など、ご存じの方がおられましたら
ぜひご連絡下さいませ。

これからの季節、梅雨など
雨も多くなりますので参考になれば幸いです。


届きました。
528-03 グィディオイルカーフショートブーツ
540-01 カーフヌメ製品染め サイドジップブーツ





2010/04/26  昨日に続き。


レザーシャツのことを書くつもりではなかったのですが
昨日に引き続き書きます。

今日は一年前にカーフのレザーシャツ
購入して頂いたお客様がご来店でした。

そのお客様はカーフのダブルライダースも購入されました。

今日お召しだったのはレザーシャツの方でした。
そして「これが一番着る機会が多いね」と言っておられました。
なんだか、昨日MEMOに使い勝手がよい。と
書いたことと同じだな。と思いました。

僕の感じるレザーシャツのデメリットはポケットが少ない。
(シャツなんでもちろんポケットはほぼないものなんですが・・・ないものねだりで)
パンツを選ぶ。でしょうか。
レザーの種類にもよりますが、デニムならほぼ合いますが
グレーのウールのパンツなどは
シングルライダースに比べると合わせにくいと思います。

合わせにくいですが、どれが合うかな。と挑戦することはたのしみです。





2010/04/25  シャツのよさ。


「売れている」という方面から見ると
レザーシャツはライダースに比べると売れていません。
今後もライダースより売れる。ことはおそらく・・・ないと思います。

しかしそのことが、レザーシャツがライダースに劣っている。と=ではありません。

一般的にはレザーシャツは寒くてライダースは温かい。と思いがちですが
(バックラッシュに限って書きます)
どちらも裏地なしであれば、同じ程度の軽さや涼しさですし、
どちらも裏地があれば、同じ程度の温かさです。

カーフのライダース裏地なしより、
シープの裏地ありシャツの方が温かいです。

個人的ですがライダースよりレザーシャツの方が所有数が多いです。
ライダースはいくらシャツと同じ程度の温かさであっても
「ジャケット」かと思いますのでインナーではなくアウターになります。
レザーシャツはあくあまで「シャツ」なので春夏には1枚で。
秋冬にはインナーに使えます。

使い勝手からみると、
レザーシャツの方が使えることが多いように思えます。

シャツはいろんなパーツ(カフや襟)が合わさるので、
縫製にも手間ひまがかかります。

春夏のカーフヌメ製品染めのシャツは
アームが細く、袖丈は長めです。
裏地なしですので、半そでかタンクトップで着てほしいと思います。
アームが細いので、腕にピターっと革が吸いつくような感触を確かめてほしいからです。

ライダースもいいけれど、レザーシャツにはレザーシャツのよさがちゃんとあります。





2010/04/24  ウエストホルダー。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

写真は定番のウエストホルダーですが、濡れてるように見えませんか?

約4年ほど使用したものです。

ダブルショルダーの革は、使うほど光沢が増し、濡れているようになります。

ウエストホルダーは2サイズありますが
よく売れるのは写真と同じサイズの小のほうです。

実用性で考えると92-05(大)の方が
物も入るのでいいかもしれません。

どちらがいいとは言えませんが
自分がつけてどちらがバランスがよいのか?
と、どう使いたいのか?でおのずとどちらかになると思います。

92-0492-05も追加生産分で入荷致します。
予定は4月中旬になっていますが遅れております。
遅ければ、GWくらいになるかと思います。


届きました
1132-01 新色 ピッグレザーヒョウ柄プリント デニムストレート





2010/04/23  お直し。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

グィディコードバンの財布です。
写真はBLACKに見えますが、BROWNです。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ジッパーのチェーン部分が破損しております。
この箇所は破損することはあります。
しかし、お直しができます。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お直し後になります。

当店でお買い上げ頂いた商品に関しては
アフターフォローも致しております。
お手入れ方法や修理、靴底の交換など、いつでもご連絡下さいませ。

2010 A/W入荷ITEM一覧を書きました。





2010/04/22  お客様からのメール。


先日MEMOに書いたことに対してメールを頂きました。
僕たちだけが読むのはもったいないので
ご紹介したいと思います。



バックパッカーの話を読んで、モニターの前でうんうん頷いてました。
私は、知らない土地に行き、そこの空気を肌で感じることで、
自分の中に新たな価値観が生まれるのがたまらなく好きで、
バイクでいろいろなところに足を運びました。

ただ不思議なもので、多くを蓄積していくと、
絶対に変わらない感覚が存在するということにも気づかされました。
それが自分の中心にあるものなんだと、
30歳を越えてやっと理解できてきた気がします。

最近はなかなか時間がとれないので、
相棒のSR400は売りに出してしまいましたが、
時期がきたら、今度はSR500でまたいろいろな土地へ行ってみようと思います。
手間のかかる相棒っていいですよね。

長くなりましたが、最後に。
40、50になっても、「やっぱりバックラッシュっていいよね」
と思えるようなプロダクトを今後も作り続けてくれることを期待しつつ。
私も今以上に人間として深みを増して、バックラッシュに向き合えたらと思います。




届きました。
368-01 オイルクロコバッグ カードケース
141-01 オイルクロコ ウエストホルダー





2010/04/20  200年後も。


以前バックラッシュが好きで
財布を購入された女性のお客様のことを書きました。

女性もバックラッシュの財布を持つ。
うれしいことですが、かなり少数です。

女性にプレゼントする時に、
バックラッシュの財布だと、メンズより過ぎですものね。
でも彼女にもバックラッシュのように
物作りに真摯で、いい革の財布を持ってほしい。と思ったりもします。

そこで、ご紹介したいのが「eb.a.gos」(エバゴス)の
ブライドルレザーを使った財布です。
なぜ、僕がエバゴスをここで紹介しているのかと言うと、
バックラッシュと似ているところがあるからです。

エバゴスは「200年後も残っているものを作る」という意思を持って
作られているものです。

そういう意思があるのとないのとでは
商品に対する取り組み方、また愛情がまったく違うと思います。

想像してみてください。
200年後の男の子がどこかでバックラッシュと出会うことを。
場所は古着屋、または父親のクローゼット、アンティーク市場などかもしれませんね。
200年後、今、生きてる人は誰もがいなくなりますが
まっとうに作られたものは残ることができます。

バックラッシュやエバゴスは、200年後も残っているように思います。

>>エバゴスの財布





2010/04/19  選ばれる。


僕は旅行が好きです。
ここではないどこか。
が、存在するということに、不思議さと魅力を感じています。

旅に関する雑誌に「旅学」というものがあります。
podcastで聞いたことですが
その雑誌の編集長は、よく旅に行くそうです。
それで、これからどこかに行ってみたいな。と思う人たちから
「どこの国に旅に行けばおもしろいですか?」と聞かれるそうです。

編集長はこう答えるそうです。


「自分が国を選ぶのではなく、必然とその国から呼ばれるよ」


服も自分が選らんでいるようで、
自分が服に選ばれてるようなところありますものね。





2010/04/18  カーフ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

以前>>ペッカリーのコートの写真を掲載しましたが
それと同じ形のカーフのコートになります。
(お客様所有物)

この形でディアスキンのものもありました。
ペッカリーとカーフとディアのコートが同時に揃ったら
迫力あるでしょうね。


届きました。
357-07 ハット





2010/04/16  完璧。


僕は以前ミニクーパーを乗っていました。
最近のではなく、もう20年くらい前のものでした。

ミニを選んだのはおしゃれかな。と思ったからです。

燃費はわるく、オイルは常にもれてるし
スピードはでないし、馬力はないし、ものすごく跳ねるし
エアコンがないので、夏は汗だくで、冬は手袋をして乗っていました。

トヨタのカローラなんかの方が、
きっと快適に乗れたと思います。

しかし、その車が好きでした。
他人から見るとデメリットでしかないようなところも
僕にとってはそこも含めて好きなところでした。

完璧ではないところが魅力でした。


そういうことありませんか?





2010/04/15  お客様から。


先日書いた食事のこと。
お客様からメールを頂きました。
飲食のお仕事をしておられます。




食事は、俺の中で生きてく上でとても大事であり、
服と一緒で春夏秋冬があり、
その時期で服の素材や色を楽しむのと同じで、
食にも旬と言う物があり、
その時だけしか楽しめない物があります。
その時期を感じる事が出来る素晴らしい機会であるのと同時に
日本人で良かったと実感できる至福の時です。

最近、歳をとった成果、和食が素晴らしいと感じます。
そして、今は散ってしまいましたが、
桜を綺麗に感じたり、
その時々の草や花を感じて優しい気持ちを貰っています。
少し感性が磨かれたのかもしれません。

前は恥ずかしくて、あまりしなかった花束を
プレゼントしたり出来るようになれました。
もう少しで母の日なので、何をプレゼントしようか考えています。
最近、本当に親の偉大さが分かり、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、親の子供に対する愛情は無限なんだと。

もし、結婚して子供が生まれたら、何よりも愛情を注ごうと思います。







ISAMU KATAYAMA BACKLASH

届きました。
1133-01 クラッシュ ストレート
思っていた以上に数量が届いたので、今ならまだあります。





2010/04/13  最近好きな言葉。


食事は必要だからとるのではなく

人間にとって感覚的な体験なのだ。


食べ物が手に入りにくい時代であれば
食事は生きるために必要なことだった、でしょうね。
今は、最低限食べるものもありますし、
いかに食事をたのしむか。なんだろうなと思います。

そのように服を着ることも感覚的な体験。だと考えると
服の見方や着方が変わってたのしいだろうな。と思います。





2010/04/12  うらやましい。


2010 A/Wの受注会は終了しましたが
受注会の時にうらやましいなぁ。
と思ったメールがありましたので
一部抜粋してご紹介したいと思います。


予約会今回はやめておきます。
僕にはドイツカーフがありますので(笑)


こちらのお客様はもう6年ほど
バックラッシュを毎シーズンご購入頂いてるお客様です。
自分には「これ」がある。
そう思えるものとの出会いはそんなにあるものではないと思います。

売れなかったのに何言ってるの?と言われそうですが
売れた、売れなかった、という以上に
単純にうれしく、同時にうらやましく思いました。





2010/04/11  女性が着ても。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH

バックラッシュは男性だけのもののように
つい思いがちになりますが、女性が着ると、
また男性とは違った色気があります。

女性客 「0」 ってちょっと怖い気がしますもんね。
1.5割くらい女性客がいてくれるのが僕の理想です。
その方が自然な感じがするので。
女性のお客様の方が男性よりも
自由にコーディネートをたのしんでいるので
自然とおしゃれに見えるんですよね。

女性にまけないように、もっと自由にバックラッシュを着なきゃ。
と女性のお客様を見るといつも思ってしまいます。


届きました。
1120-03 カーフヌメ製品染め シャツ KHAKI
500-09 グィディキャメルスエード ブーツ BLACK
169-01 ドイツタンニンカーフ製品染め ショルダーバッグ
345-15 グィディオイルカーフ デタッチメント財布





2010/04/10  ブーツカットのみ。


ISAMU KATAYAMA BACKLASH


届きました。
1133-02 クラッシュブーツカット





2010/04/08  届いていました。

2010 A/W バックラッシュの受注会を行っております。
明日4月9日(金)です。

ご遠方のために、ご来店が難しいお客様で
2010 A/Wに興味のあるお客様はご連絡下さいませ。
ご案内させて頂きます。

受注会期間中はお問い合わせメールも多いです。
込み入ったお問い合わせ内容でしたらお電話の方が確実です。
お問い合わせメールは返信が遅くなりますが
必ず返信致しますのでお待ち頂けると幸いです。


受注会期間中にいろいろ届いていました。
(すでに売り切れたものもございます)

1120-02 カーフヌメ製品染め ベスト
1120-05 カーフヌメ製品染め ダブルライダース KHAKI
1067-07 カンガルースエード ノースリーブパーカー
1105-03 デニムつなぎ
1143-01 カーフスエード ムラ艶 ジャケット
318-03 ダブルショルダー 財布
337-04 グィディコードバン長財布





2010/04/05  あまり時間がないので。










2010/04/04  2010 A/Wでも継続商品。

2010 A/Wでも継続する商品を書いてみました。
前期秋冬や今期春夏で買えなかったものなどございましたら
どうぞ、この機会をご利用下さいませ。

WEAR

1101-02 ピッグレザーヒョウ柄ダウン
1105-01 デニム ストレート ピッグレザーヒョウ柄
1105-02 デニム ブーツカット ピッグレザーヒョウ柄
1105-03 デニム つなぎ ピッグレザーヒョウ柄
1133-01 クラッシュデニム ストレート
1133-02 クラッシュデニム ブーツカット
1133-03 クラッシュデニム Gジャン
1140-01-b BLACKデニム ストレート
1075-01 デニムシャツ
1047-01 USED テント生地 カーゴパンツ
1047-05 USED テント生地 シャツ
1047-06 USED テント生地 ブルゾン
定番のピッグレザーチャックプリントシャツ
ピッグレザーチェックプリント × コットンシャツ


SHOES

500-01 ダブルショルダーエンジニアブーツ
500-12 ダブルショルダースエードエンジニアブーツ
507-02 ダブルショルダーコンバットブーツ
500-09 グィディキャメルスエードエンジニア(BEIGE復活)
528-03 グィディオイルカーフショートブーツ
540-01 カーフヌメ製品染めサイドジップ
541-02 グィディカーフスエードグリース エンジニアブーツ


BAG

92-04 ウエストホルダー
92-05 ウエストホルダー大
92-10 ダブルショルダーバナナバッグ

141-01 オイルクロコウエストホルダー
143-01 グィディオイルカーフバナナバッグ
168-01 パイソンオイルバッグ バナナバッグ
169-01 ドイツタンニンカーフ ショルダーバッグ


ACCESORY

332-04 ディアスキン グローブ

318-02 ダブルショルダーバックルベルト
318-03 ダブルショルダー財布
318-04 ダブルショルダー3ピンベルト
318-08 ダブルショルダー35mmベルト
318-10 ダブルショルダーデタッチメント財布

323-03 ブライドルレザー名刺入れ
323-04 ブライドルレザー財布
323-07 ブライドルレザー24mmベルト
323-10 ブライドルレザーデタッチメント財布

337-02 グィディコードバン小財布
337-04 グィディコードバン長財布
337-09 グィディコードバンジップ長財布

345-02 グィディオイルカーフ長財布
345-15 グィディオイルデタッチメント長財布

369-05 パイソンオイルバック 24mm巾ベルト

342-01 ブライドルレザーキーホルダー
342-10 グィディカーフスエードキーホルダー
342-11 グィディコードバンキーホルダー

358-01 ダブルショルダーリストバンド
359-01 ブライドルレザーウォレットコード
360-02 グィディオイルカーフウォレットコード

371-01 ステアータンニン 携帯ストラップ

328-01 ロザリオ
328-05 バングル
328-03 リング
328-04 リング





2010/04/03  こういうのも。




一見バックラッシュに関係のないアイテムです。



ネックレスだけロザリオをつけています。
2010/03/26で書きましたが、
バックラッシュを自分なりの着こなしに取り入れてる人です。

こういうおしゃれな人がバックラッシュを身につけることで
そういう着こなしもありなんだなぁと教えて頂いております。
日本人っぽくない着こなしで粋です。





2010/04/02  わからないということを知る。


展示会、受注会でいつもより、多くの人と話すことになります。

他人と話すことにより、いろんなことを知ることができます。
今回特に感じたことを書きます。
それは「人は意識が選んだものしか見ないし、
意識は自分にとって都合のいいものを選ぶ」ということです。

これまで僕は、自分の見ているものだけが
すべてだと思い込んで、自分の知らないものや
関心のないものを「おもしろくない」と切り捨てていました。

いったいどれほどの事象を
「わかったふり」「わかった気」で切り捨て、くだらないと断定してきたか。
ただ自分の狭い範囲のことだけを。
それすら知った気になったままで。

今よりも20代の頃は自分を「もの知り」だと思っていました。
知らないということを思考する回路が閉じていたため、
知らないと考えることすらなかったです。
知っていることばかりしゃべって、
知っていることをひけらかして、知っていることに夢中になっていました。
それはどうしょうもなく間抜けで、恥ずかしくて平和だったと思います。

わからないということをわかるしかない。
わからないことに謙虚になるしかない。

やっと自分の意識の傲慢さが、恥ずかしいと思うようになってきました。
自分以外の人がいることで、僕はとても助けられています。






3月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998



line


Copyright (C) 2008 CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.