ISAMU KATAYAMA BACKLASH
MEMO
2017AW 入荷予定アイテム
バックラッシュ コーディネート
BACKLASH THE LINE
wear
pants
shoes
bag
accesory
ballet
2009/07/31   オイルクロコ。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

お客様がご使用中のクロコのウエストホルダーです。
写真ではわかりにくいですが、新品の時の形が崩れています。
よい意味で崩れていると思います。

新品の時は「この形だ」と言わんばかりのしっかりした形ですが
そのクロコも使い込むと形が馴染み、艶もでます。(写真よりは艶々です)
クロコのプロダクトは高額なので、最初はウエストホルダーか財布から
その革のよさを知ってもらえたらと思います。
以外にクロコの革は丈夫なんですよ。





2009/07/30  まだ着れませんが


先日スペインラムのダウンジャケットを購入されたお客様がいらっしゃいました。

HPを見て気になりご来店くださいました。
試着をされると、「じゃーこれください」と一言。

ダウンなので、まだ暑くて着れませんが
お客様ご自身がグッときたものを選び、
実際に試着してから購入を決める。
勇気と覚悟に拍手を送りたいと思います。

自分のグッときたものを信じて購入することは
簡単なようでいて以外に簡単ではないだろうと思います。


届きました。
1105-01 デニムパンツ INDIGO
162-01 シルバー箔落としバナナバッグ
358-01 レザーリストバンド
358-02 スエードレザーリストバンド





2009/07/28  使い勝手


157-02 ドラムバッグにお客様の実際に使っている感想を書きました。
バッグをお探しの方は参考になるかもしれません。

ほぼ定番アイテムでsold outになっているものでも
時々入荷している場合があるので、気になるアイテムは時々チェックしてみてください。

デニムパンツはちょこちょこっとですが評判は概ねよい感じです。
お店にご来店の際には一度手に触れてみてください。
写真以上によいことがわかるかと思います。





2009/07/27  デニムパンツ


BLACKのみ届きました。
INDIGOも、もうすぐ届く予定です。

今回新型のデニムパンツ以前も書きましたが、わりといいです。
気負いなく穿けることと思います。

届きました。
1097-01 カーフタンニン二段製品染め シングルライダース BLUE
1105-01 デニムパンツ ストレート BLACK
1105-02 デニムパンツ ブーツカット BLACK





2009/07/26  場所


お客様から教えて頂いて初めて気が付いたことがありました。
それは「CALLING BACKLASH」が営業しているのかということ。

当店に来られた方はわかるかと思いますが、
扉はほぼいつも閉まっています。
なので今日は休みなのかな。と思って帰られる方がいるということに
今まで気づきませんでした。
たぶん何人か、そのようなお客様がいるのではと思っています。
わかりにくくてすいません。

初めて来た方は、ここが「CALLING BACKLASH」なのかどうか
わからない上に、呼び鈴まで押すのは躊躇われるはずです。
そりゃそうですよね。
違うお店だったらいやですし。

一応扉の横には「CALLING BACKLASH」のショップカードを貼ってあるので
それが確認できましたら、どうぞ呼び鈴を押してください。
定休日(休憩中)ではないかぎり営業しております。





2009/07/25  待っていたもの。


それがほしいと思っていたものが届いたとき。
ものすごく笑顔になります。

そういうのを見ると、うれしくなります。

お客様一人ひとり違いますが、
価値あるもの。
大切にしている想い。
そういう言葉に置き換えることが、
なかなかできない気持ちをわかりたいと思います。

届きました。
337-08 グィディコードバン 新型財布





2009/07/24  



ISAMU KATAYAMA BACKLASH







2009/07/23  革の靴ひも。


コンバットブーツの靴革ひもがきれたのでほしい。

何人かのお問い合わせがありました。
今までは「CALLING BACKLASH」でお買上の場合のみご用意しておりましたが
他店で購入された方にもご用意することに致しました。 (1.050円)
当店でご購入の方は無料です。
(ご入用の方はお問い合わせくださいませ。)

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

この革ひもは革の真ん中にステッチが入っています。
デザインでもありますが、きれやすい革ひもをきれにくいようにしています。
この細い革にまっすぐステッチが入っているのにも、職人の高い技術が見えるように思います。
ただの革ひもなんですが、そこには「考え」や「想い」が垣間見れる気がします。





2009/07/21  メールの内容。


お問い合わせがよく来るのですが、
メール内容の中で他の方にも参考になると思われるようなことがあります。

以下は1月末にダブルショルダーの財布を「CALLING BACKLASH」で
購入されたお客様との昨日のメールの内容です。
バックラッシュの商品をご検討中の方に参考になると思う所を抜粋しています。



 以前お買上頂きました、ダブルショルダーの財布はどんな風になっておりますか?
 もう艶が出てきたころでしょうか。



 先日の財布は毎日ポケットに入れているせいか、
 恐ろしく光ってきました。
  ブーツベルトと同じ革とは思えないくらいです。
 毎日触っているとこんなに違う表情になるものなのですね。



 そうですよね。
 その財布はもう新品の状態には想像すらできないくらいな
 艶と革の柔らかさになりますよね。
 最初はお尻にポケットに入れておくのが正解だと思います。
 艶がでてからなら、そのままバッグに入れてもいいですよね。



 ISAMU KATAYAMA BACKLASH



 一応写真を撮ってみましたので、添付します。
  でも、こんなんじゃないんですよ、本当に。
  もっともっと、鈍くでも艶々に光ってるんですよ。



以上になります。
お客様のメールから同じ革でも違いがあることがわかるかと思います。
メール文章掲載は見ておられる方の参考になるならと、快く了承して頂けました。
この場を借りてお客様にお礼を言いたいと思います。
ご了承頂きありがとうございました。

このダブルショルダーの財布は今季秋冬入荷日に完売になりました。
次回入荷は、1月ごろになると思われます。





2009/07/20  ライダース。


今日はお客様と3人でシングルライダース着ているバンドって何?って話しになりました。
ダブルライダースなら、ラモーンズやクラッシュにブルース・スプリングスティーン。
セックス・ピストルズ、パティ・スミスにギターウルフ。

シングルライダースって以外とバンドのイメージないんですね。
僕たちが知らなかっただけかも知れません。

シングルライダースなら、このバンドが着ているぞ。
と、知っている方はぜひご連絡くださいませ。





2009/07/19  靴の手入れ。


エンジニアブーツに書いてある靴の手入れを読んで
靴を手入れするようになった。とお客様から言って頂けました。
しかも手入れが楽しくなってきた。と。
そうなんです。
手入れをすれば艶がでるのがわかるし、
靴への愛着も増すような気がします。
他にも最近使っていなかったグィディコードバンのバッグも
この写真を見て同じ革でこんなになるなら、また使ってみよう。
そういう気持ちになられたようです。
お話しを聞いてなんだか温かい気持ちになりました。

新しい物を買うことは楽しいものですが
それと同様に、すでに持っている物を大切にする。
というのも僕はすきです。

届きました。
1104-01-b デニムパンツ





2009/07/18  掲載前に。


入荷があるとなるだけ早くHPにも掲載しようと思っていますが
掲載する前に売り切れてしまうこともあります。
入荷した時に、たまたま居合わせたお客様が購入することがあります。
そういうわけで入荷と同時に売り切れもありますが届きました。

1107-01 スペインラムダウンジャケット
1075-01 デニムシャツ
92-10 ダブルショルダーバナナバッグ
323-07 ブライドルレザーベルト
318-03 ダブルショルダー財布





2009/07/17  いろいろ。


届いています。

1047-05 ミリタリーテントシャツ
534-01 ダブルショルダーロングブーツ

明日から3連休ですね。
明日も何か届くと思いますので
お時間のある方は、CALLING BACKLASHへいらして下さい。





2009/07/14  大事に。


ところで大事にしている服ってありますか?

僕が一番大切にしている服は、一番大切と言うと語弊がありますが。
長く愛用している服は、フルカウントのGジャンです。

高校2年の時に、がんばって購入したものです。
(家から自転車で実に2時間もかかる所で買ってきた。
実家は高知県宿毛市というところ)

そのGジャンは色落ちなどの加工はしていないので、
早く色落ちをさせたかったのです。

それで制服の下にGジャンを着たり、Gジャンを着て寝たりしました。

10代の頃は今よりお金もなく、
どこに行くにしてもそればかり着ていました。

今では袖もほつれて、シミのようなよごれもあり、
ヴィンテージのような色落ちのGジャンになっています。

そのGジャンのシルエットはタイトではなく
どちらかと言えば古く感じるシルエットです。
アームが太く、くびれのあたりがぼこっと広がっています。
(普通は広がらずにしぼってると思います。)

そんな時代遅れのようなシルエットですが
14年ほど一緒に過ごしたので愛着があり、大事にしています。
毎年必ず袖を通します。
バックラッシュの革パンツとあわせることが多いです。

私物のバックラッシュのものでは長いもので5年ほど使っています。
もちろん大事に着ています。
しかし10年経つと今よりもっと特別な、
自分にとっての「何か」に変わると思っています。

それまで、ただ着続けようと思います。





2009/07/13  一緒に。


旅行に行ったり、デートをしたり。
そういう時に、着ていたものや身につけていたアクセサリーは、僕はなぜか大事にしています。

デニムパンツを穿いてタイに行き、タイ人にどこのパンツや?って聞かれたり、
ものすごい土ぼこりでよごれたりしたことも、いい思い出です。
ほつれやキズがある方がいいくらいです。
そういうデニムパンツには愛着があり、穿かなくなっても捨てることはありません。
そんな事ってないですか?





2009/07/12  ウェア。


大阪は今日から急に気温も高く暑く感じます。

今日はご来店の多かった日曜日でした。
もうウェアはレザーものを着ている人は見ません。
でも、デニムパンツや財布、ウエストホルダー、ベルト、サンダルなどを
身に付けておられる方が多かったです。

暑くてレザーは着れなくても、どこかにバックラッシュのプロダクトを取り入れたい。
そういう気持ちが伝わってきます。

白Tシャツにカンガルースエードベストミリタリーテントショートパンツサンダル
これからのお祭りや花火大会などのスタイルによいかもと思います。





2009/07/11  革ものの良さ。


買った時が最高じゃなく、むしろ一番かっこわるいように感じます。
着る(使うこと)で、革が馴染み体にフィットしてきます。
それには時間がかかります。
時間はかかるけれど、ただ着続けるだけで自分だけのものになります。
その過程が楽しく少しでも馴染むと、この革も成長したなぁ。
なんて思ってしまいます。


届きました。
507-02 コンバットブーツ
163-03 ショルダーバッグ





2009/07/10  暑くないですか?


ブーツばかり3日間書いてしまいましたが今日も少しだけ書きます。

夏に履くものはやはり、サンダルやスニーカーの気分になると思います。
でも僕はブーツをほぼ毎日履いています。
理由は単純でただ単にブーツが好きだからです。
もう5年くらいは年中エンジニアブーツを履いています。
(バックラッシュに限らず)

それで夏にはブーツは暑くないですか?とよく聞かれます。
そんなに暑いとは思っていません。
たぶん・・・暑さに慣れてるんだと思います。
ただ靴下はスニーカーで履くような短いのは穿きません。
素肌が革にあたると蒸れて不愉快だからです。
だから長めの靴下を穿いています。
特に暑いとかは思っていないです。

夏にブーツを!と言いたいわけではなく
一人ひとりが好きなときに、好きなものを身につけて楽しもうよと思います。





2009/07/09  エンジニアブーツB。


今日はバックラッシュのエンジニアブーツについてです。
今日初めてMEMOをご覧になられエンジニアブーツが気になる方は
昨日、おとついと合わせて読んでみてください。

バックラッシュのエンジニアブーツはデザインされたエンジニアになると言えます。
洗練されたデザインです。
なので労働者向けのハードで頑丈なブーツというよりは
現代の空気を感じているプロダクトになっています。
(革質、革の強さはもちろんあります)
ですのでハードな仕事、水仕事で使いたい方には向いていません。

そういうわけで靴が軽いし、屈曲性もあります。
靴のサイズは表記サイズより、大きいと思います。
革も(ダブルショルダー)バックラッシュでしかやらないような
そんな革です。
靴の作りは、まじめです。
それはカウンターのステッチが2本になっていたり
(ウエスコも2本、レッドウイングは1本。ここのステッチ切れやすいんです)
カカトに小さな穴が開いていることでもわかります。
ソールのリペアももちろんできます。
(ここで説明すると長くなるところはリンクをしているので、そちらをご覧下さい)

以上3回に分けてのエンジニアブーツ各メーカーの僕なりの見解でした。
これは余談ですが、靴は見た目にはわからないところが重要でもあります。
そのひとつはシャンクです。
靴底に入っています。
シャンクとは歩行を助けると共に靴の大黒柱みたいなものです。
(空港の金属探知機で靴が時々ひっかかることがありますが、シャンクが原因です。)
そのシャンクは金属であるものもあれば
100円アイスの木のバーみたいなのもあります。(中には入ってないものまで)
見た目ではわからない所ですが重要なパーツです。
そういう所にもプライスは反映されています。


自分がどこを重視するかで選ぶブーツも変わってくることと思います。

とにかく頑丈第一で重さも値段も気にしないのならばウエスコ。
レッドウイングなら、全国で直接見れて履くことがたぶんできます。
洗練されたデザイン、そしてワークブーツにはない革質。
日本人が作る愚直でまじめな靴です。
それがバックラッシュのエンジニアブーツです。

エンジニアブーツで迷っている方の参考になればと思います。

届きました。
163-01 ボストンバッグ
359-01 ウォレットコード





2009/07/08  エンジニアブーツA。


昨日から引き続きエンジニアブーツの比較です。
今日はレッドウイングです。

RED WING

レッドウイング、2268エンジニアブーツは定番です。
価格は38850円です。
ウエスコやバックラッシュに比べると、比較的手頃な値段で丈夫です。
靴の重さはウエスコよりは軽く、バックラッシュよりは重いです。
エンジニアと言えばレッドウイングと答えるくらい代表的な存在です。
甲高の方には履きにくいかもしれません。
日本で売られているのはワイズ(幅)がDがほとんどです。
足の縦の長さでサイズを合わすとワイズが合わないことが多いです。
(日本人に多いのはワイズEかEE)
ワイズDよりはEが幅が広くEEはさらに広いです。
日本人の多くの人が多少大きめで履く事が多いため
ワイズDでもわりと気にしていない人が多いです。
左右で丈の長さが違っていたり、履いてみないとわからないですが
ゆがみがあることもあります。
ウエスコに比べると比較的ましですが
こちらも屈曲性があまりありません。
どこに住んでいても比較的にソールのリペアが可能なので便利です。
この説明だけ読みと魅力がないように見えますが
1万円台のエンジニアブーツなどに比べると遥かに
頑丈な作りのエンジニアブーツです。
現行の2268は名品とはいいがたいですが
1998年ごろまでに生産されていた
2268PT91は今でもすばらしい出来のエンジニアブーツだと思っています。





2009/07/07  エンジニアブーツ。


バックラッシュ以外にも世の中にはエンジニアブーツがあります。
お問い合わせで比較的多いのがウエスコ、レッドウイングと比べて
バックラッシュはどう違うのか?というものです。

長くなりそうなので3回程度に分けて書きたいと思います。
それとこれは僕の感じていることであり、
1人ひとり違う意見があるということです。
(足の形は個人差がありますし、感じてることも違うから)
バックラッシュを贔屓目で見てしまいがちですが
できるだけ公平に書きたいと思います。

靴について書くとどうしても長くなってしまいます。
なぜなら僕は以前、靴屋(ブーツがメインの)で働いていたからです。
靴には並々ならぬ愛情があります。

さて、その違いを書くために各メーカーを知らない方にも
知ってもらえるように簡単に紹介します。

・ウエスコ
WESCOと書きます。
West Coast Shoe Companyの略です。
バイカーに支持されているブランドです。
価格は95000円くらいです。
ブーツの筒の長さ、ソール、ミッドソールなど等、
カスタムにより価格が異なります。
革にオイルがたっぷり含まれているので
丈夫な革でしなやかです。
バイカーや足を守る必要のある仕事をされている方には
向いています。
ブーツのソールの修理だけでなく、革が裂けてもバラして、
新しい革でその部分を作りなおすということができます。
アメリカのブーツですがカスタムオーダーができるので
日本人の足によく見られる幅広にも対応できます。
よくもわるくもアメリカ製ですのでステッチなどの仕上げに
ゴミが詰まっていたり、ということはよくあります。
そういうことを気にする方には向いていません。
大きな気持ちが必要です。
街歩きにはやはり重いです。(ダブルミッドソールでスティールありの場合)
新品の時には屈曲性があまりないです。





2009/07/06  ペッカリー。



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

7年以上前のプロダクトでお客様が現在お使いのペッカリーの財布。
高級素材で軽く丈夫で、柔らかい革です。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH

ラクダの骨が使われています。

ISAMU KATAYAMA BACKLASH



ISAMU KATAYAMA BACKLASH

革の表面は3つ並んだ毛痕が見られます。
この革のコートもありました。
今も誰かが持ってるんだなと思うと
冬には「CALLING BACKLASH」にペッカリーのコートを着て
ご来店してもらいたいなぁと思っています。

substandard追加しました。





2009/07/05  近所。


購入する時は試着して、体感してから決める。
そういうような話を24才のお客様としましたが
できればそれが一番いい。と思います。

いいと思いますが、近所にバックラッシュを
取り扱っていない地域もあると思います。
お店に出向くか、通販しか購入する方法がないですね。
そういう方のために、通販でもご納得頂けるまで、
メールやお電話で、ご相談はお受け致しております。
お気軽にご連絡頂ければと思います。

逆に関西に住まれてる方には
お店で体感してほしいなと思っています。
サイズであったり、革のにおいであったり、質感だったり。
自分がグッとくるものを求めて。

リアルな現実では関西の方には近所のお店でありたいし
インターネットという、場所、距離を越えるものでも
「近所のお店」と思ってもらえるような、そんなお店でありたいです。





2009/07/04  小物。


バックラッシュ、財布の入荷を楽しみにしている方が、けっこう多いです。
秋冬もので新しく、カーフワックス仕上げの財布がでます。
これは今までのものより、プライスが抑えられているので
比較的手頃なプロダクトだと思います。

あとは新型のパスケース。
パスケースって名前ですが、財布として使ってももちろん問題ないです。
バッグに財布を入れて使う方には、よいと思います。
カードもたくさん収納できるので、新型ですが人気がでるかもと思っています。


ACCESORYに写真を。

92-05 ウエストホルダー
328-03 リング





2009/07/03  グィディコードバン シングルライダース。


昨年春夏のプロダクトである1025-01 グィディコードバン シングルライダース。
昨年購入することができず、でもどうしても着たいというお客様のために
現在は生産していませんが、オーダーをお受けしていました。
お客様にとってのかけがえのない1着になってほしいなと思います。

届きました。

1047-01 USEDミリタリーテントカーゴパンツ KHAKI





2009/07/02  ARTISANAL LIFE。


昨日、アメリカ村のビックステップにある「シネマート心斎橋」で
映画「ISAMU KATAYAMA ARTISANAL LIFE」の前売り券を買ってきました。
大阪の劇場公開は8月らしいです。
昨日の時点では日付がまだ決まっていないらしいです。

届きました。

1060-03 レザージャージ BLACK , PUPLE
157-02 カウアンティーク製品洗い ボストンバッグ






6月へ

・CALLING BACKLASHホームへ




・MEMO TOP

・サイズについて

・ロングセラー

・ご試着

・ちょっとしたこと

・日常

・カスタマーの声

・メンテナンス

・Q&A

・ユーザーQ&A

・経年変化

・カスタマーが選んだバックラッシュベスト3

・コーディネート

・お知らせ

・イベント

・入荷アイテム

・通販について


Instagram Facebook


CALLING BACKLASH
06-6281-8758
open 12:00〜19:00
定休日 水曜日 / 第二・第四木曜日
大阪市中央区南船場4-6-3
田口ビル2F-B


LETHER CATEGORY


・2017/05 (23)

・2017/04 (24)

・2017/03 (18)

・2017/02 (15)

・2017/01 (12)

・2016/12 (13)

・2016/11 (15)

・2016/10 (17)

・2016/09 (18)

・2016/08 (13)

・2016/07 (24)

・2016/06 (22)

・2016/05 (14)

・2016/04 (17)

・2016/03 (14)

・2016/02 (14)

・2016/01 (14)

・2015/12 (16)

・2015/11 (19)

・2015/10 (21)

・2015/09 (14)

・2015/08 (8)

・2015/07 (25)

・2015/06 (21)

・2015/05 (25)

・2015/04 (25)

・2015/03 (25)

・2015/02 (23)

・2015/01 (21)

・2014/12 (26)

・2014/11 (24)

・2014/10 (25)

・2014/09 (23)

・2014/08 (22)

・2014/07 (22)

・2014/06 (23)

・2014/05 (26)

・2014/04 (24)

・2014/03 (26)

・2014/02 (23)

・2014/01 (22)

・2013/12 (25)

・2013/11 (25)

・2013/10 (25)

・2013/09 (24)

・2013/08 (23)

・2013/07 (24)

・2013/06 (25)

・2013/05 (25)

・2013/04 (23)

・2013/03 (26)

・2013/02 (24)

・2013/01 (21)

・2012/12 (26)

・2012/11 (26)

・2012/10 (26)

・2012/09 (24)

・2012/08 (23)

・2012/07 (26)

・2012/06 (26)

・2012/05 (26)

・2012/04 (26)

・2012/03 (26)

・2012/02 (23)

・2012/01 (20)

・2011/12 (26)

・2011/11 (25)

・2011/10 (27)

・2011/09 (25)

・2011/08 (24)

・2011/07 (26)

・2011/06 (25)

・2011/05 (27)

・2011/04 (24)

・2011/03 (27)

・2011/02 (24)

・2011/01 (25)

・2010/12 (26)

・2010/11 (27)

・2010/10 (27)

・2010/09 (22)

・2010/08 (27)

・2010/07 (26)

・2010/06 (25)

・2010/05 (27)

・2010/04 (22)

・2010/03 (25)

・2010/02 (24)

・2010/01 (25)

・2009/12 (26)

・2009/11 (26)

・2009/10 (25)

・2009/09 (24)

・2009/08 (25)

・2009/07 (26)

・2009/06 (24)

・2009/05 (22)

・2009/04 (18)

・2009/03 (22)

・2009/02 (21)

・2009/01 (23)

・1998



line


Copyright (C) 2008 CALLING BACKLASH. All Rights Reserved.